• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

超新星Premium Interview vol.2 ソンモ「泣きそうになるときがたくさんあった」

超新星Premium Interview vol.2 ソンモ「泣きそうになるときがたくさんあった」

2016年2月26日、27日の2日間にわたり、東京・国立代々木競技場第一体育館にて開催された「超新星2016 Fan Meeting Festival」。 この春から兵役のため約2年間グループを離れるグァンスさん、ソンモさん、ジヒョクさん、ゴニルさんにとって、入隊前最後の日本でのファンイベントとなりました。
リーダーのユナクさんを含む5人の超新星としては最後の来日となったこの機会に、TV LIFEが独占取材を敢行。26日「~The Moment~」 のソロリハーサルの合間に行われたインタビュー、感動の涙に包まれた27日「~And…~」の公演直後に撮影された貴重な集合ショット、そして本誌グラビアでは未公開だったソロショットを全5回にわたってたっぷりとお届けします。

どこにいても泣きそうになるときがたくさんありました

超新星・ソンモ|TVLIFE Webインタビュー

――グァンスさん、ソンモさん、ジヒョクさん、ゴニルさんの入隊前、5人では最後の来日となりましたが、どんなお気持ちで日本に来ましたか?

昨日日本へ来たんですが、いつもは飛行機に乗るのが怖くてもファンの皆さんに会いに行くのがすごく楽しみで「今回の公演もみんなの反応がよかったらいいな」っていう期待感でいっぱいなのに、今回は何だか…行きたくないなっていう気持ちになりました。おとといも夜眠れなくて、飛行機の中で眠れるかなと思ってたけど、それでもずっと起きていて。今回のファンミが終わったらもう日本に来られないかもしれないとか、ファンミでみんなが泣いちゃったらどうしようとか、いろんなことを考えてました。

――入隊を控えて、最近よく考えることはありますか?

これから何を勉強して、この2年間をどう過ごせばいいのか。未来のことだけを考えてます。ファンの皆さんと会えない期間…2年は短いけれど、長いと言えば長いですよね。僕たちのMILKY WAY(ファン)が2年後にまた僕たち4人が戻ってきたときに一度でも会いにきてくれるのか…それが一番不安です。

――5人で最後の握手会を行ったとき、ファンの方に言われてうれしかった言葉はありますか?

僕は2ndソロアルバムのプロモーション活動を終えて韓国に帰った後にオリコンの週間ランキングが発表になったんです。その後にグループでの握手会でまた日本に来て、そこでファンの皆さんに直接「オリコン2位おめでとう」って言ってもらえたことがすごくうれしかったです。僕も韓国にいながらオリコンの順位を聞いてすぐにSNSで「MILKY WAYの皆さんの力でいい結果が出ました」ってお礼を伝えたんですけど、それって当然のことじゃないですか。それなのに握手会のときに「ソンモ君が何年間も頑張ってきた結果だよ」と言われて、その瞬間にこれまで苦労してきたことを一気に思い出して、ほかのメンバーも隣にいたけど一瞬で泣きそうになったんです。だって、CDを買ってくれたのはMILKY WAYの皆さんなのに、「おめでとう」と言われて「MILKY WAYのおかげです」と言ったら、「君が一生懸命頑張って出した結果だよ」って。どうして逆に僕のことを褒めてくれるの?と思って。僕も20代のうちに普通に経験できることも我慢してここまできてよかったし、超新星のメンバーになってこんなに温かいミルキーに出会えて本当によかったなって思いました。握手会が終わった夜にもいろいろ考えました。

――ソロとして、超新星としてとても充実した日々を過ごされましたね。

実はソロアルバムのプロモーションのときから、すっごい泣きたかったんです。どこにいても泣きそうになるときがたくさんありました。僕の人生の中でこれほど…今まで1年に1回ぐらいは「泣きたいな」って思うことはあったんですけど、今回のソロ活動の1か月は毎日毎日泣きたくて。でもファンの皆さんたちと「ファンミまでは泣いちゃダメだよ」って約束したから、毎日毎日我慢したんです。

――堪えていた涙にはどんな感情がありましたか?

うれしい感情もあるし、美しい思い出や切ない気持ちもありました。一番はファンの皆さんへの感謝の思いです。みんなの心がつながっている。僕も年を重ねて大人になったなと思うこともあるし、昔なら考えられないことまで見えるようになりました。MILKY WAYの皆さんの“まごころ”が今の僕の感情を作ってくれたんです。

2年後に一度だけでもいいから会いにきてほしいです

超新星・ソンモ|TVLIFE Webインタビュー

――これからユナクさんとソンジェさん2人の活動が始まりますが、ソンモさんはどんな活動に期待しますか?

僕とグァンス、ジヒョク、ゴニルの4人は同い年で、2人はお兄さんでしょう?ユナクとソンジェの2人はまったくキャラクターが違います。ソンジェ君は明るいときは明るい、かわいいときはかわいい、男らしいときは男らしい。ユナクさんはちょっとお姉ちゃんみたいなイメージがあるじゃないですか。たまに弟みたいにかわいいときもあるけど(笑)。今回はお兄さん2人だけが残って超新星のことを守らないといけないから、お兄さんとしての魅力を最大限に見せてほしいし、僕も2年後が楽しみです。

――今年は日本デビューから7周年となりますね。「日本活動を振り返って、メンバーに“○○賞”を贈るとしたら?」 ということで、ソンモさんからジヒョクさんに何か賞を贈ってください!

(即答で)ヒゲ賞!…うそ~!(笑)ジヒョクはね、「ビタミン賞」!ファンの皆さんを元気づけるビタミンのような存在だと思うから。スタッフさんとも仲がいいし、僕やユナク、ソンジェ君はボーカル担当だから喉を守るためにライブ後の打ち上げとかに参加して騒いだりすることが少ないんですけど(笑)、そんなときもいつもジヒョクがスタッフさんを盛り上げてくれました!…この質問、ジヒョクだけでいいんですか?

――はい、大丈夫です。ちなみにソンモさんの賞は、ユナクさんに決めていただきます!

あぁ~(笑)。

――最後に、ファンの皆さんにメッセージをお願いします。

これまで皆さんにもらった大きな愛と応援に、何と言ってもお返しできないと思うんですが、これからの2年はその愛にお返しできるように本当に頑張りたいです。マメになって、もっとマメになって(笑)、僕ができることをしたいと思うので、それを信じてほしいし、僕も皆さんのことを信じています。最近、よくファンの皆さんに「浮気してもいい?」とか「浮気しないよ」って言われるんですが、僕は“浮気”というのがよく分からないんです。なぜなら、「ほかのアーティストを好きになってもいいよ」という意味ではなくて、いつも皆さんは超新星や僕の曲を聴いて頑張ってるよとか、つらいことも忘れられたよとか言ってくれますよね。それと同じで、僕たち4人がいない間に、どんな音楽、どんなアーティストを好きになっても、それがMILKY WAYの皆さんの力になる存在になれば僕にとってもうれしいからです。会えない2年間にもし僕のことを好きじゃなくなっても、2年後に一度だけでもいいからぜひ会いにきてほしいです。そのとき、僕がどれくらい成長したのか、皆さんに「会いにきてよかった」と思ってもらえるように僕も精いっぱい頑張ります。

 

PROFILE

超新星

超新星●ちょうしんせい…2009年に日本デビューした6人組ダンスボーカルグループ。ゴニルが4月26日(火)に江原道鐵原訓練所へ、ソンモが4月28日(木)に論山訓練所への入隊が決定。グァンス、ジヒョクも順次入隊を控えており、今後約2年間はリーダーのユナクと5月に除隊予定のソンジェの2人での活動となる。5月18日(水)に超新星オールタイムベストアルバム「ALL TIME BEST☆2009-2011」「ALL TIME BEST☆2012-2016」が2タイトル同時リリース。また、ユナクが今年12月から東京・日生劇場にて上演されるミュージカル「プリシラ」(宮本亜門演出)に出演が決まっている。

(写真左から)
ユナク
12月2日生まれ。O型。181㎝。

グァンス
4月22日生まれ。B型。182㎝。

ゴニル
11月5日生まれ。B型。187㎝。

ジヒョク
7月13日生まれ。B型。185㎝。

ソンモ
6月15日生まれ。O型。180㎝。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える