• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

是永瞳インタビュー「着物を着たお仕事をするのが夢だった」「きものクイーンコンテスト2017」スペシャルサポーター就任

是永瞳インタビュー「着物を着たお仕事をするのが夢だった」「きものクイーンコンテスト2017」スペシャルサポーター就任

2016年9月に行われた「第1回ミス美しい20代コンテスト」でグランプリを受賞した是永瞳さんが、2月25日(土)に開催される『きものクイーンコンテスト』でスペシャルサポーターを務める。そんな是永さんが、第1回ミス美しい20代コンテストを振り返りながら、上京してからの楽しみや2段の腕前だという空手について、そして今後の目標などを伺った。

是永瞳インタビュー

◆「第1回ミス美しい20代コンテスト」でグランプリ受賞おめでとうございます。少し時間がたちましたが、あらためて今振り返っていただければと思っています。コンテストにはどういうきっかけで応募されたんですか?

子供のころからテレビが大好きで、バラエティやドラマをよく見ていました。そのときに芸能界への憧れがあったんですが、「どうせ無理だろうな」って思っていて。その後は空手をずっとやってきたので特に思っていなかったのですが、大学に入って比較的自由な時間ができたときに「芸能界でお仕事がしたい!」という気持ちが再び湧き上がってきたんです。それで挑戦してみようと思い応募しました。

◆そしてグランプリを受賞されましたが、周りからの反響はいかがでしたか?

コンテストへの出場が決まってからは、両親と一緒に毎朝近所の神社に行って「入賞できますように!」とお参りするのが日課だったので、グランプリが決まったときは両親がすごく喜んでくれたんです。それがすごくうれしかったですね。

◆グランプリを受賞した9月から福岡での学生生活から東京での芸能界の活動と生活が一変したと思いますが、いかがですか?

充実しまくっています!(笑) 一人暮らしは大学のときもしていたので、生活は慣れているんですけど、東京にはまだ慣れていない部分があって…。でも、レッスンが今は自分のすべてだと思っているので、本当に楽しいです。自分の身になっていて、すごく刺激のある生活が毎日送れています!

◆小さいころに芸能界の憧れがとおっしゃっていましたが、子供のころはどんな子供だったのですか?

内気な子でした。空手も両親から勧められて始めたので、あまり自分からスポーツをやることもありませんでした。でも、空手をきっかけに自分に自信が持てるようになりましたね。

是永瞳インタビュー

◆空手は2段の実力で全国大会にも出場されています。学生時代はどんな毎日だったのですか?

中学高校大学時代は、365日ずっーと空手でした。キツすぎて泣きながらやっているときも…。でも、すごく熱心な先生と出会ってからは試合では自分のために勝つというよりは、先生のために優勝して恩返しがしたいという気持ちで頑張りました。今、ウォーキングのレッスンなどをしていて「体の軸がしっかりしてるね」と言われるので、それは空手をやっていたことで体幹が鍛えられたと思うんです。空手をやっていてよかったなって思います。空手が私の強みでもあるので、もっと極めていって、2020年の東京オリンピックでは、空手が新種目で選ばれたのでサポーターとか何かしらかかわることができたらと思っています。まだまだ自分も磨いていかなきゃいけないですが、3年後にはもっといろんなところで活躍していたいです。

◆プロフィールには、空手のほかに料理とグルメリサーチとありますが?

料理は、作ることも食べることも大好きです!実は、今日も取材する前に寄り道して食べ歩きしてきちゃいました(笑)。グルメリサーチは、携帯のマップにお気に入りのマークが付けられるんですけど、私は行きたいお店にマークを付けています。東京は、行きたいお店がいっぱいあるのでマークだらけ。あと、行ったお店の料理の写真と感想を自分なりにノートに書いてまとめています。本当に食べることが好きで、いつかグルメリポーターのお仕事もしてみたいので、ノートにまとめることで表現力が身に付いたり勉強になったりするかなと思って作っています。

◆気になるお店はどのように見つけているんですか?

散歩が好きなので、街を歩いているときに見つけています。裏路地に入って自分だけの喫茶店とかを見つけたり。基本的に、休日はずっとグルメリサーチしています(笑)。

◆料理もお得意とのことですが、普段から料理されるんですか?

はい!大学で一人暮らしをしていたので、よく料理します。鶏のさっぱり煮とか、最近は、ローストビーフを作りました。あとは、オムライスは凝っちゃいます。オーソドックスなオムライスなんですけど、トマトペーストとケチャップを使ってチキンライスを作ったり。母が料理上手で、子供のとき料理をしているのを見ていたりお手伝いしたりして技を盗んでいました。グルメリサーチや料理を作ることが息抜きになっているんです。

◆今回、2月25日に行われる「きものクイーンコンテスト2017」のスペシャルサポーターを務められます。

実は、「第1回ミス美しい20代コンテスト」のときに「着物を着たお仕事や空手を生かしたアクションのお仕事がしたい」と言っていたので、すごくうれしかったです。空手も礼儀作法を重んじるところがありますし、着物と通じるものがあると思いますので、それを生かしてこのスペシャルサポーターを務めさせていただければと思います。

◆スペシャルサポーターを務める上で意識していることはありますか?

グランプリに選ばれた後の会見で、緊張感を和ませてくださったのが武井咲さんや剛力彩芽さん、河北麻友子さんでした。「大丈夫?」と声をかけてくださったりアドバイスを頂いたり、お話してくださったので、すごく救われました。だから、同じように緊張を和らげてあげられるような言葉をかけたいです。

◆最後に、今後の夢や目標を教えてください。

今はたくさんやりたいことがあって、怖がらずに何でもやってみたいです。リポーターやバラエティにも出てみたいですし、体を張ったりするバラエティもやってみたいです!実は旅行も好きなので、河北麻友子さんがうらやましいなって思って見ています(笑)。バラエティだったり、アクションだったりリポーターだったりといろんなお仕事をしていく中で、それが女優への経験へつながっていけばいいですね。今、レッスンでウォーキングや演技をしているんですが、すごく楽しくって!好きなことをしている楽しさもあるし、もっと磨きたいという気持ちが燃え上がっているので、ずっと続けていきたいです。

 

■PROFILE

是永瞳インタビュー是永 瞳
●これなが・ひとみ…1995年7月15日生まれ。大分県出身。O型。2016年9月「第1回ミス美しい20代コンテスト」にてグランプリ受賞。2017年2月25日(土)に開催される「きものクイーンコンテスト2017」にてスペシャルサポーターを務める。


●きものクイーンコンテスト2017
きもの美人日本一を決めるコンテストとして、毎年女性の美を競う登竜門イベントとして開催。きものクイーン、準きものクイーンをはじめ、部門賞・特別賞を数多く用意しており、受賞者にはモデルとして、きものを中心に「日本の文化」を世界中にPRを。さらに副賞として、ハワイペア旅行やトラベルウェブマガジン「旅色」きものモデル出演権。さらにオスカープロモーション賞として、オスカープロモーションに所属するチャンスも!

応募受付:1月31日(火)まで。
開催日:2月25日(土)浅草公会堂

公式サイト:http://www.kimono-contest.com/

 
●photo/中村圭吾 text/宮西由加

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える