• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『磯野家の人々』20年後のノリスケ役は八嶋智人!「ちょいとノリの良い感じには親近感」

『磯野家の人々』

 11月24日(日)放送のドラマ『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』(フジテレビ系)で、八嶋智人が20年後の波野ノリスケ(46歳)を演じることが決定した。

 本作は、フジテレビ開局60周年、アニメ『サザエさん』放送50周年を記念して放送されるスペシャルドラマ。天海祐希が主人公・サザエを演じ、“日本一有名な家族”サザエさん一家のこれまで一度も描かれたことのない20年後をオリジナルストーリーで描く。

 アニメで描かれる世界から20年がたち、カツオ(31歳/濱田岳)は野球選手、漫画家など、夢見ては挫折を繰り返し、今は商店街の洋食店でシェフをしているが、経営がうまくいかず幾度目かの挫折の危機に直面している。ワカメ(29歳/松岡茉優)はアパレル関係のデザイナーをやっているが、なかなか自分のデザインが採用されず悩んでいる。タラオ(23歳/成田凌)は就職活動中だが、やりたいことが見つからず面接で玉砕の日々。

 波平(74歳/伊武雅刀)は定年退職を迎えて時間的余裕ができ、カツオたちへの将来を今まで以上に案ずる一方、距離感の取り方が分からず歯がゆい思いを抱えている。そんな夫・波平と磯野家の人々の姿を温かい愛情で見守るフネ(70代/市毛良枝)。

 マスオ(48歳/西島秀俊)は出世したものの、中間管理職として板挟みの会社員生活を過ごしている。サザエとマスオの娘であるヒトデ(17歳/桜田ひより)は、年頃の恥ずかしさでサザエと距離をとってしまう。

 もやもやとした曇り空模様の磯野家に明るい太陽のような笑顔を取り戻そうとサザエ(44歳/天海祐希)は奮起。盆踊り大会に家族みんなで集合!と呼びかけるが、天気予報によると急に発生した嵐が近づいてきており…。

 やりたいことをやっていたのが、いつの間にか、やらなきゃいけないことばかりを考えるようになった磯野家。果たして、サザエは再び、あの頃の太陽のように温かな磯野家を、取り戻すことができるだろうか。

 そんな本作で、八嶋が演じるのは20年後のノリスケ。波平のおいで、サザエ、カツオ、ワカメとはいとこ同士。出版社に勤務し、磯野家の隣人で小説家の伊佐坂難物の編集担当を長年務めているノリスケは、明るく、細かいことを気にせず、いつものんきに構えている楽天家であると同時に、底抜けのちゃっかり者。

 アニメ放送開始してから50周年、ノリスケのちゃっかりエピソードは数知れず。特に磯野家の食卓にぜいたく品が並ぶときは必ず磯野家に現れ、ちゃっかり、ごちそうになる。

 それから20年がたち、ノリスケの勝手知ったるあの家は、今はカツオがシェフをしている洋食店に。そして、編集部から人事部へと異動をしていた。しかし、伊佐坂難物の編集担当だけは続けており、その理由を「伊佐坂先生は僕じゃないと原稿を渡さない」とうそぶいているが、ちょっぴり切ない本当の理由とは…。

<八嶋智人 コメント>
◆20年後のノリスケ役のオファーを聞かれた際の感想をお願いします。

「歴史あるサザエさんの登場人物になることができるのかとワクワクしました。ノリスケさんのちょいとノリの良い感じには親近感があったのでうれしかったです。ただ眼鏡をかけてないので、どうか僕を見逃さないでください」

◆見どころなど、視聴者へメッセージをお願いします。

「時がたち、それぞれの人生を歩むサザエさん一家が、もう一度、家族の絆を想う今回の物語。ノリスケさんは少し外野から、そんな皆を見つめる。それは視聴者の皆さんと同じ目線です。どうかノリ良く見守って、見終わったら自分の家族のことをあらためて見つめてくださいね」

フジテレビ開局60周年記念・アニメ『サザエさん』放送50周年記念スペシャルドラマ企画
『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』
フジテレビ系
11月24日(日)後8時~9時54分

<出演者>
天海祐希、西島秀俊、濱田岳、松岡茉優、成田凌、桜田ひより、八嶋智人、小手伸也・市毛良枝、伊武雅刀

<スタッフ>
原作:長谷川町子『サザエさん』
脚本:阿久津朋子
企画・プロデュース:渡辺恒也(アニメ『サザエさん』、過去作品『HERO』HOPE~期待ゼロの新入社員~』『海月姫』他)
プロデュース:小林宙(共同テレビ)(過去作品『フラジャイル』『海月姫』『SUITS/スーツ 』他)
演出:鈴木雅之(過去作品『ショムニ』『HERO』『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』他)

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える