• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

夏菜「リカの笑みが全てを物語っています」『リカ』第3話10・19放送

『リカ』

 オトナの土ドラ『リカ』(フジテレビ系)に出演する夏菜が、主人公・リカを演じる高岡早紀の印象や、今後の見どころを語った。

 本作は、第2回ホラーサスペンス大賞を受賞した、五十嵐貴久の「リカ」シリーズの中から「リハーサル」「リカ」の2作を原作に、2部構成でドラマ化。純愛を貫くが故に狂気と化してしまう主人公・リカ(高岡)が周囲を破滅に追い込んでいくサイコスリラー。

『リカ』

 夏菜は、第1部・2部を通して登場する物語のキーパーソン・千秋を演じており、第1部では花山病院の事務員として登場。SNS好きで『都内某事務員は見た!』というハンドルネームで記事を書き込む今どきの女性という役どころだ。

『リカ』

<夏菜 コメント>
◆撮影も進んでいますが、あらためて千秋の印象はいかがですか?

最初に台本を読んだときから、大人のわりに大人になり切れていない、SNS好きの今っぽい女性というイメージで、それは今でも変わらないです。結婚しているとは思えない浅はかな女性のようなものは感じますね。責任感もあんまりないのかな。ただ、千秋がドラマの視聴者目線になるので、そういう部分は大事にバランスを取りながらやっていきたいです。

◆印象に残っているシーンはありますか?

リカのふと見せる笑みがホラーだなというのはやっぱり思いますし、それが全てを物語っています。やっぱり、このドラマの面白さはリカの怖さにあると思いました。「階段の手すりのボルトが外されていたのでは?」という業者さんとのシーンに千秋が立ち会っていて、千秋としてはリカの仕業だと気がついてはいませんが、夏菜としては恐ろしいと思いました(笑)。

◆では、リカを演じている高岡早紀さんの印象はいかがでしょうか?

あの方の気軽さというか、羽の生えたふわっとした感じや、おちゃめでかわいらしくてどこか妖艶で…。だけど話すとサバサバしていらして、いろんな方向から魅力のある方だと思いました。会話も自然に盛り上げるのがお上手だったり、第2部の現場ではもっと深くお話ししたいです。まだ、あまり関わらないようにしているんです。

◆それは第2部からの絡みに向けてでしょうか

そういう気持ちもありますよ、やはり(笑)。

◆リカのような恋愛に一途な思いは、理解できますか?

私、わりと一途なんです。あのサイコパス感は分からないですが、若いころはそういう風になった時期があったような気もする。周りが見えなくなるような…ありましたね(笑)。

◆では、視聴者へのメッセージをお願いいたします。

第1部では傍観者だった千秋が、第2部では巻き込まれていくところが見どころでもあるので、それはもちろん楽しみにしてください。「まさか!」みたいなこともありますし、リカさんとだいぶ接近するんです。なので、高岡さんとのがっつりシーンは、私もとても楽しみです!病院からどんどん人がいなくなっていき、今後も恐ろしいことになってしまいますが、それは全て第2部への伏線だったと思って観ていただいてもいいかも。“ホップ、ステップ、ジャンプ”の、今は“ホップ”と思っていても過言ではないと思うので、その後の“ステップ、ジャンプ”は、第2部に入ってからも楽しんでいただきたいです。千秋の気持ちで視聴者の方も観ていると思いますし、第2部ではその千秋が巻き込まれ、私自身もどんな感情が出てくるのか楽しみです。ドキドキしながら観ていただけたらと思います。

<第3話(10月19日放送)あらすじ>
花山病院では大矢(小池徹平)とリカ(高岡早紀)が付き合っているとの噂が流れていた。驚いた大矢は執務室にリカを呼び出し怒鳴るが、態度を豹変させたリカに、逆に恐怖を感じる。そんな折、看護師長の藤鐘(安藤玉恵)も、リカを危険人物だと怪しんでいた…。リカの暴走する愛が、大矢の日常をさらにあらぬ方向に歪めていく…。

オトナの土ドラ『リカ』
フジテレビ系
毎週(土)後11時40分~深0時35分
※放送時間繰り下げの場合あり

出演:高岡早紀、小池徹平、夏菜、徳永えり、柏原収史、西岡德馬、大谷亮平

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える