• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

借金30億!?嫁ぐきっかけは合コン!?老舗旅館の若女将の会に潜入『マツコ会議』10・26放送

『マツコ会議』

 10月26日(土)放送の『マツコ会議』(日本テレビ系)では、伊香保温泉に全国の老舗旅館の若女将たちが集まる「つぼみの会」から中継する。

 群馬県を代表する温泉地、伊香保温泉に集まった若女将たちが情報交換や悩みを相談し合うという「つぼみの会」は26年前に発足。現在、日本全国の若女将20名が所属している。

 前職がTBSスポーツ局の局長秘書で、そのあと電通を経て伊香保温泉の老舗旅館の若女将になった「つぼみの会」の会長が、過去に1番つらかったという30億円もの借金を抱えてしまったときの話を語る。

 その原因は“伊香保の三重苦”と言われる2004年の「浅間山噴火」「新潟県中越地震」、さらに日本各地で起こった「温泉偽装問題」。旅行者が激減し破産に追い込まれたが、家族で話し合い「何を私たちは大切にしなければいけないか、この旅館という商売を通してお客様に貢献して社会に役立つ企業を作っていかなければならないか…」と考え、全てを見直した結果、去年30億円を返済し、黒字経営になったという。

 他にも、独身で後継ぎ問題を抱える若女将や、合コンがきっかけで嫁いだという元外務省の若女将の大改革に一同騒然。そんな波乱万丈な人生を歩む老舗旅館の若女将たちに、マツコ・デラックスは「歴史と伝統が長く続いている旅館って、ちゃんと時代に合わせて変えているところなのね…」と感心する。

『マツコ会議』
日本テレビ系
10月26日(土)後11・00~11・30

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真