• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

安田顕が土の食べ歩き!?「粘土質は意外といける」愛知発地域ドラマ『黄色い煉瓦』11・27放送

愛知発地域ドラマ「黄色い煉瓦~フランク・ロイド・ライトを騙した男~」

 11月27日(水)放送の『愛知発地域ドラマ「黄色い煉瓦~フランク・ロイド・ライトを騙した男~」』(BSプレミアム)の試写会が行われ、安田顕、小林豊(BOYS AND MEN)、平田満が出席した。

 本作は、今から約100年前に帝国ホテルを飾った黄色い煉瓦の製造に関わった職人たちの実話を基にしたドラマ。一人の女性ライターが陶器の町・常滑を舞台に、伝説の職人の真実を探っていく。脚本は新云隅子、演出は勅使河原亜紀夫が務める。

愛知発地域ドラマ「黄色い煉瓦~フランク・ロイド・ライトを騙した男~」

 常滑の焼き物職人・久田吉之助を演じる安田は「愛知県の常滑市に黄色いれんがを作った職人がいたというお話に呼んでいただき、愛知発のドラマとして全国の皆さんに見ていただけることを非常に光栄に思っています」とあいさつ。

 本作の舞台・常滑について「すごくのどかで、2、3日いるだけでも精神的に落ち着く、ゆっくり時間が流れている場所でした。縁もゆかりもありませんでしたが、ドラマに参加させていただくことで愛知の常滑が自分の中で印象深い街になりましたし、一つのご縁ができましたので、そういった部分も含めてこの作品に感謝しております」と語った。

愛知発地域ドラマ「黄色い煉瓦~フランク・ロイド・ライトを騙した男~」

 久田の弟子・伊奈長太郎役の小林は「僕はBOYS AND MENとして愛知県で活動しているので、思い出深い作品になりました。この作品を通して人間の生きる強さを学ばせていただきましたし、見ていただく方にもその強さを届けられたらと思っております」と。

愛知発地域ドラマ「黄色い煉瓦~フランク・ロイド・ライトを騙した男~」

 久田のライバルで有田焼の職人・寺内信一を演じた平田は「僕も愛知県出身なんですが、常滑は昔からのかまどがいっぱいあって、本当にこんな過酷な中で職人の方々が仕事をしていたんだとあらためて思いました。昔の職人の人々の努力があるというのが少しでも映像に映っていればいいなと思っています」と語った。

愛知発地域ドラマ「黄色い煉瓦~フランク・ロイド・ライトを騙した男~」

 撮影で印象に残っていることを聞かれた平田は「良い土を探すシーンで土を食べたんですが、口の中がじゃりじゃりになって大変でした。安田さんがものすごくたくさん食べたと聞いて僕もかなり食べました。その場で吐くわけにはいかないので、けっこう飲み込みましたけど、食べるものじゃない(笑)」と驚きのエピソードを披露。

 それに対し、安田は「僕は意外といけましたよ(笑)。カットされているんですけど、(粘土質の土を)見つけるまでの過程があって、とりあえずその辺にある土を食べ歩いて、そのあとに粘土質のやつを食べたんですね。比較対象が普通の土と粘土質の土って二つあるから、粘土質の方が意外といけるなっていう感じでした」と振り返った。

愛知発地域ドラマ「黄色い煉瓦~フランク・ロイド・ライトを騙した男~」

『愛知発地域ドラマ「黄色い煉瓦~フランク・ロイド・ライトを騙した男~」』
BSプレミアム
11月27日(水)後10・00~10・59

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える