• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

古谷一行、後輩“金田一”加藤シゲアキにお墨付き「爽やかさがとてもいい」『悪魔の手毬唄』

『悪魔の手毬唄~金田一耕助、再び~』

 12月21日(土)放送の加藤シゲアキ主演スペシャルドラマ『悪魔の手毬唄~金田一耕助、再び~』(フジテレビ系)に、古谷一行が出演することが分かった。

 古谷は、金田一耕助シリーズの連続ドラマ(1977~1978年)やスペシャルドラマ(1983~2005年)で長きにわたり金田一耕助を演じており、今回初めて金田一以外のキャラクターを演じる。金田一ドラマへの出演は48作品目となり、『悪魔の手毬唄』には1977年(昭和52年)版、1990年(平成2年)版に続き、3度目となる。

 そんな古谷が演じるのは、未解決事件の捜査を金田一(加藤)に依頼する岡山県警警部・磯川常次郎。岡山県警で確かな地位を築いている警部で、金田一とは“獄門島殺人事件”など過去にも一緒に事件を解決したことがあり、確かな信頼関係と深い友情で結ばれている。

 キャリアもあり、洞察力にも優れた名警部だが、20年前に鬼首村で起きた青池源治郎殺人事件は解決できなかった。そのことを長く悔やんでいて、亡き源治郎の妻、青池リカ(寺島しのぶ)のために、何とか事件解決の糸口を見つけるべく金田一を呼び出す。

『悪魔の手毬唄~金田一耕助、再び~』

<古谷一行 コメント>
◆オファーを受けたときの心境

「金田一耕助ではないキャラクターを演じることに最初は戸惑いましたが、年を重ね、今の自分が金田一のバディである磯川警部を演じたらどうなるのか次第に興味が湧いてきました。ぜひやってみようかなと思いお受けしました」

◆現場でのエピソード

「古い町並みや昭和の雰囲気が漂う素晴らしいロケ地ばかりで、ドラマの世界に入っていくための心の準備ができました。和やかで楽しい現場を過ごしていますが、監督に“金田一”と呼ばれると加藤君より先に俺が反応しちゃって(笑)。長いこと演じてきたので金田一が体に染みついているんです。初日に3回、計4回反応してしまいました(笑)」

◆加藤シゲアキ演じる金田一耕助について

「さらっと風のように現れ、風のように去っていく、その爽やかさがとてもいいですね。内容がドロドロしているから、金田一の爽やかさが物語においてとても大事なんです。そして加藤君の若さが躍動感やダイナミックさを生んでいると思います。思い返せば、僕が最初に金田一を演じたのが33歳の時だったので、今の加藤君(32歳)とほぼ同じ年だったんですね」

◆視聴者へのメッセージ

「究極の悲劇を描く切ない物語ですが、金田一と磯川が事件の真相にどうやってたどり着くのか。金田一の名推理で、最後の謎解きをどうやって納得させるのか、そのあたりが見どころになっていると思います」

<加藤シゲアキ コメント>
「古谷さん演じる磯川警部は、“この人のためなら頑張れる”と思わせてくれる信頼に厚い人物です。そして、ラストシーンの磯川警部の背中がとても哀愁を帯びていてグッとくるものがあります。金田一と磯川警部がアイコンタクトを送り合うシーンは友情や信頼感が通い合っていて、そんな二人のバディ感にも注目していただければうれしいです」

<プロデュース:金城綾香(フジテレビ第一制作室)>
「磯川警部を誰に演じていただきたいか、そう考えたときに、いの一番に思い浮かんだのが古谷一行さんでした。自分が幼少のころから見てきた金田一耕助は、古谷一行さんでした。断られる覚悟でオファーをさせていただきましたが、この度ご一緒できて、本当に光栄です。新旧金田一そろい踏みの今作が、誰も見たことのない化学反応を見せてくださいます。古谷さんが、金田一の世界で新しく演じられる磯川警部を、日本国民皆様に楽しみにしていただきたいです!」

<あらすじ>
岡山と兵庫の県境にある鬼首村(おにこうべむら)では由良家(ゆらけ)と仁礼家(にれけ)という、二つの名家が対立していた。岡山県警警部・磯川常次郎(古谷一行)の依頼を受け、金田一耕助(加藤シゲアキ)はその村にある亀の湯という温泉宿を訪れる。そこの女主人である青池リカ(寺島しのぶ)は、20年前に起きた悲惨な事件によって夫の源次郎を亡くしていた。そしてその犯人、恩田幾三はいまだに行方不明だという。ある日、鬼首村出身の人気歌手、大空ゆかり(中条あやみ)が帰郷するということで村中が活気づく中、リカの息子、歌名雄(小瀧望)の婚約者である由良泰子(菅野莉央)が滝つぼで死んでいるのが発見され…。

スペシャルドラマ『悪魔の手毬唄~金田一耕助、再び~』
フジテレビ系
12月21日(土)後9時15分~11時25分

<出演者>
加藤シゲアキ
生瀬勝久
中条あやみ
小瀧望(ジャニーズWEST)
大野いと
大友花恋
菅野莉央
斉藤由貴
国生さゆり
有森也実
寺島しのぶ
古谷一行
ほか

<スタッフ>
原作:『悪魔の手毬唄』横溝正史(角川文庫)
脚本:根本ノンジ(『監察医 朝顔』『フルーツ宅配便』『犬神家の一族』『相棒 season17』『5→9~私に恋したお坊さん~』など)
プロデュース:金城綾香(『監察医 朝顔』『犬神家の一族』『グッド・ドクター』『営業部長 吉良奈津子』『5→9~私に恋したお坊さん~』など)
演出:澤田鎌作(『監察医 朝顔』『犬神家の一族』『ミス・パイロット』『CHANGE』『西遊記』など)
制作・著作:フジテレビ

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/kindaichi_returns/
公式Twitter:@temariuta2019

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える