• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

清原果耶が語る、初主演映画「宇宙でいちばんあかるい屋根」への思い

 今最も注目を集める若手女優・清原果耶が『宇宙でいちばんあかるい屋根』で映画初主演を務めることが発表され、作品への思いを語った。

 小説すばるで新人賞を受賞するなど、その表現力で多くのファンを魅了する作家・野中ともその大人気小説「宇宙でいちばんあかるい屋根」を、『新聞記者』で注目を集めた実力派監督・藤井道人が映画化した。

 平穏でも悩みはあって、時々息苦しさを感じる14歳のつばめは、満天の星が輝くある夜、ド派手な身なりで底意地の悪い、キックボードに乗った怪しい老婆“星ばあ”と出会う。いつしか二人はお互いの心のどこかに空いた穴を埋め合うように距離を縮めていく。つばめの前に起こる事件、最後に明かされる星ばあの正体…。ひと夏の大切な何かを探す、二人のキュートで、愛おしい、感動のファンタジードラマだ。

 主人公の女子中学生・大石つばめ役に、連続テレビ小説「なつぞら」やドラマ「俺の話は長い」ほか多数のドラマ、映画では藤井道人監督、山田孝之プロデュースの『デイアンドナイト』、そしてCM・雑誌と幅広く活躍し、今最も注目を集める若手女優・清原果耶。清原は本作が映画初主演となる。実父と、血の繋がりのない母との間に子供が産まれることで感じる疎外感、実母への思い…。そんな思いを胸の内に抱えながら、幼馴染に抱く恋心や、星ばあとの出会いから成長していくひと夏の少女の姿を、等身大かつ圧巻の演技力で表現する。

「今の清原果耶を切り取ることは誰もができることではない、とてもラッキーな機会を戴けた」 と語る監督・藤井道人が、彼女の魅力を最大限に引き出し、かつてない作品世界を完成させた。また、謎の老婆・星ばあ、つばめが恋する大学生、つばめの両親、実の母親と、清原を取り巻くキャスト陣にも豪華な面々が集結し、作品に華を添えている。

<コメント>

【主演・清原果耶】

 現場の雰囲気に突き動かされ続けた色濃い撮影でした。まだ完成したものを見ていないので、どうなっているのだろうとふつふつ考える日々ですが、撮影中に私自身がつばめちゃんから貰った希望や勇気が、映画を見てくださる皆さまにも伝わると良いなと思います。ぜひお楽しみにしていて下さい。

【監督・藤井道人】

『デイアンドナイト』で素晴らしい演技を見せてくれた清原果耶さんと再び映画を撮れたこと、そして、清原さんの初主演映画を監督出来たことをとても光栄に思っています。本作は、大人になったすべての人たちへ捧げる物語です。心温まる、素敵な映画が出来ました。ぜひ、お楽しみに!

【原作・中野ともそ】

 最初に映画化のお話をいただいた時から長い長い時を経て、敬愛する藤井監督のもと、ついに撮影が始動したと聞いた時は胸が高鳴りました。同時にこの突拍子もない物語が本当に映像となりえるのか、わずかな不安がよぎったのも覚えています。けれどごく短いラッシュを見せていただいた瞬間に不安はきれいに拭われました。真っ直ぐまなざしに揺れる感情が透けるような清原さんの佇まいに、ああ、つばめがいる!と。そして星ばあも亨くんも両親も皆、画面からはみ出るくらいに彼らの人生を生きている…! 驚きと感謝をもって、今は一観客として公開を心待ちにしているところです。4月に装いをあらたに再文庫化される原作もお手にとっていただければ幸せです。

【プロデューサー・前田浩子】

 タイトルにひかれて手にした原作のページをめくった途端少女時代にタイムスリップしました。星空の下に連なる屋根、なくしたものを求める思いのイメージが躍り出し、時間をかけて藤井監督と企画を温めて参りました。そして、清原果耶さんがその圧倒的な存在感で主人公つばめを生きてくれて、本作は誕生しました。どこか懐かしい、それでいてこれまでに見たことのない景色をお届けします。ご期待ください!

映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』

2020年秋、全国公開

© 2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会