• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

元ベイビーレイズJAPAN・渡邊璃生が短編小説家デビュー「後味の悪さを感じてほしい」

渡邊璃生(写真提供:所属事務所)

ベイビーレイズJAPANの元メンバーの渡邊璃生が、自身の20歳の誕生日である3月8日に、4月30日(木)に発売される自身の作品「愛の言い換え」で短編小説家デビューすることを発表した。

渡邊はベイビーレイズJAPANを卒業後、「工藤了」名義で携帯小説アプリ「Balloon」で『白い紅旗』と『遥か隣りで』を執筆した経歴があるが、「渡邊璃生」名義で小説を出版するのは今回が初。

今回、名義を変えて出版した理由を「アイドル時代のファンの方も含めて、世間の幅広い人に知っていただきたい」と語っている。

また、今回の短編小説にはアイドル時代に執筆した3篇『ゆうしくんと先生』『ぐちゃぐちゃなんだよ』『規格青年』の他、新たに描き下ろした新作3篇『愛の言い換え』『ダイバー』『蹲踞あ』を含む全6篇を収録。

作品のテーマや一番伝えたいことについて渡邊は、「テーマはやはり愛でしょうか。といってもかなり限定的ですが。伝えたいことは執筆中はあまり考えたことがないのですが、強いて言うなら読者の方に後味の悪さやモヤモヤを感じていただければ」とコメント。

今後の小説家としての目標を問われると「プライベートでも執筆の経験がないので難しいとは思いますが、長編小説に挑戦してみたいです」と意気込みを語った。

●渡邊璃生(わたなべ・りお)
2000年3月8日神奈川県生まれ。「ベイビーレイズJAPAN」元メンバー。アイドルの傍ら小説を執筆。 2018年のベイビーレイズJAPAN解散後は小説、作詞、ゲーム実況など多方面に活動の場を広げている。