• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

映画『エジソンズ・ゲーム』トム・ホランドの場面写真を一挙解禁

 4月3日(金)公開の映画『エジソンズ・ゲーム』の場面写真が解禁された。

 世紀の発明王トーマス・エジソンにも、最強のライバルがいた。彼の名前はジョージ・ウェスティングハウス、頭脳でトップに立つクリエイターであるエジソンに対して、戦略で支配を広げるカリスマ実業家だ。本作は、この二人による壮絶なビジネスバトル「電流戦争」を描く。

 アメリカ初の電力送電システムを巡る、エジソンとライバルたちの闘い 「電流戦争」 があったからこそ、現代の私たちは豊かな暮らしを送っている。「電流戦争」を描く映画作りに一役買って出たのは、巨匠マーティン・スコセッシ監督。当初のトロント映画祭で披露された本編は、ワインスタイン・カンパニーの強い圧力によってまとめられた、製作陣にとって不本意なバージョンだったという。アルフォンソ・ゴメス=レホン監督の師匠で本作の製作総指揮であるスコセッシ監督は、それを完成版と認めず製作陣による再編集を支援した。監督たちは、超多忙なスター俳優たちを集め、たった1日限りの再撮影を敢行。元のバージョンから10分を削り、新たに5つものシーンを追加した渾身の“ディレクターズ・カット”を完成させ、2年越しの全米公開となる奇跡の大逆転を成し遂げた。日本では製作陣により正式に監修、許諾されたディレクターズ・カット(インターナショナル版)が公開となる。

 天才発明家エジソンを演じるのは、『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』で、アカデミー賞にノミネートされたベネディクト・カンバーバッチ。世界的偉人のイメージを180度覆し、勝つためなら手段は選ばない、奇才のダークヒーローを怪演。対するライバルのウェスティングハウスには『シェイプ・オブ・ウォーター』のマイケル・シャノン。さらに、二人の対決の鍵を握る若き天才科学者テスラに『女王陛下のお気に入り』のニコラス・ホルト、エジソンを支える助手に『スパイダーマン』最新シリーズのトム・ホランドと、英国とハリウッドの美しき男たちが集結した。

 そして今回、エジソンの秘書としてだけでなく、若き腹心の友としてエジソンに対し唯一苦言を呈する重要な役割を担うインサルを演じるトム・ホランドの新たな場面写真が一挙解禁された。

 今回解禁された場面写真では、真剣な表情で一点を見つめる姿や今までのイメージとは全く異なるたばこを吸う姿や口髭を生やした姿も捉えている。

 今作で監督を務めたアルフォンソ・ゴメス=レホンとホランドは彼がまだ16歳だったころに会っていたという。「当時トムはまだすごく若くて、お母さんも一緒だったよ」と監督は当時のことを思い出す。ホランドは『ぼくとアールと彼女のさよなら』のファンで本作の脚本にすぐ反応した。ホランドは、「僕はすぐに興味を持って、役柄についてもっと知りたくなった。アルフォンソ監督と話して一緒に仕事をしてみたいと思ったし、キャストを聞いてすぐ決めたよ」と、今作の出演にとても意欲的であったことを明かした。

 今作ではビクトリア朝の象徴でもある豪華な髭が数多くみられる。今回“つけもみあげ”に挑んだホランドは「もみあげを付けるのは、これまで体験したことがないくらい不快なことだったよ。でも一度付けたら、意外と悪くなかった。格好良かったから、やりがいあったよ」と初めての挑戦を振り返る。

映画『エジソンズ・ゲーム』

4月3日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開

監督:アルフォンソ・ゴメス=レホン

出演:ベネディクト・カンバーバッチ、マイケル・シャノン、トム・ホランド、ニコラス・ホルト

©2019 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved.