上島竜兵が内藤剛志と“ヤー!”『警視庁・捜査一課長2020』にゲスト出演 | TV LIFE web

上島竜兵が内藤剛志と“ヤー!”『警視庁・捜査一課長2020』にゲスト出演

エンタメ総合
2020年04月30日
『警視庁・捜査一課長2020』

 ダチョウ倶楽部・上島竜兵が、4月30日(木)放送の『警視庁・捜査一課長2020』(テレビ朝日系 後8・00)の第4話にゲスト出演する。

 内藤剛志演じるヒラ刑事からはい上がった“たたき上げ”の捜査一課長・大岩純一と捜査員たちの熱き奮闘を描く人気シリーズ。

『警視庁・捜査一課長2020』

 第4話は昔ながらの町の中華料理店、いわゆる“町中華”の店主がギョーザの皮を握りしめて死んでいるのが見つかるストーリー。上島は、街中華を愛する近所の住人・猪俣喜久斗(いのまた・きくと)役。容疑者につながる情報を提供するキーパーソンだ。

『警視庁・捜査一課長2020』

 上島は、昨年1月放送の『科捜研の女 正月スペシャル』でも内藤と共演。同シリーズで内藤が演じる土門刑事と比較して、「大岩一課長は優しいよね!厳しいことを言っても、やっぱりまなざしが温かいんですよ。土門さんは怖いじゃないですか!?(笑)取り調べのシーンなんて、ホント怖かったもん!(笑)」と、冗談交じりに吐露した。

『警視庁・捜査一課長2020』

 撮影の合間には、お決まりの“ヤー!”のポーズで内藤と仲良く2ショット写真も撮影した上島。「『警視庁・捜査一課長』シリーズはいつか出てみたいと思っていた作品だったので、本当にうれしかったです!」と大喜びで、運転担当刑事の奥野親道を演じるナイツ・塙宣之に「塙が辞めたら運転担当刑事の役を狙おうかなと思っているんですが、あいつ、だんだん演技がうまくなってきているからなぁ…(笑)」と嫉妬しつつ、「また機会があったらぜひ出演させていただきたいです!」と再出演を熱望した。

©テレビ朝日