• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

沢村一樹&荒川良々がアガサ・クリスティ原作ドラマでオリジナルの凸凹刑事コンビ役に

『二夜連続ドラマスペシャル アガサ・クリスティ そして誰もいなくなった』 沢村一樹と荒川良々が、仲間由紀恵主演のテレビ朝日系『二夜連続ドラマスペシャル アガサ・クリスティ そして誰もいなくなった』(3月25日(土)、26日(日)後9・00)に出演することが分かった。

 イギリスの女流作家、アガサ・クリスティの傑作推理小説を日本で初めて映像化。絶海の孤島にあるホテルに招待された10人の客が次々と殺され、ついには全員の死体が見つかるというミステリーで、仲間を筆頭に向井理、柳葉敏郎、余貴美子、國村隼、藤真利子、大地真央、橋爪功、津川雅彦、渡瀬恒彦と豪華キャストが名を連ねている。

 沢村と荒川が演じるのは、事件解決のために島にやって来る、原作には登場しない凸凹刑事コンビ。優秀だが一風変わった相国寺竜也に沢村が、相国寺に振り回される多々良伴平に荒川がそれぞれ扮し、噛み合わなくも丁々発止なやり取りで笑いを誘う。

 沢村は「刑事という“職業人”であることを強調できるよう眼鏡を着用し、“とても優秀だけどちょっと風変わりな人物”というのを意識しています。“なんでも出来る人”というよりは“ひとつのことが飛び抜けて出来る人”というイメージで役作りをしてみました」と明かし、荒川との共演には「多々良(荒川)との掛け合いは本当に噛み合っていなくて…(笑)、でもそういうお芝居がとても楽しいんです! 荒川さんの独特の風貌と間合いも存分に生かされていますし、相国寺ととてもお似合いのコンビですので、そこは楽しんで見ていただきたいですね」とノリノリ。

 一方の荒川は「僕が演じる多々良と沢村一樹さんが演じる相国寺は、劇中一緒にいてもまったく噛み合っていなくて、僕は常に沢村さんに翻弄されています。監督からは『いいバランスなんじゃないの?』と言っていただいたので、よかったかな、と思ってはいるのですが…(笑)」と語っている。

<沢村一樹 コメント>
 時代を変え、設定を変えるだけでまったく新しい作品になるのがアガサ・クリスティの魅力ですよね。
 今回この作品で容疑者となり得るのは、仲間由紀恵さんや向井理さん、そして錚々たる先輩方ですが、そんなみなさんにもひけを取らない優秀な頭脳と推理力を持った刑事が、僕の演じる相国寺です。刑事という“職業人”であることを強調できるよう眼鏡を着用し、“とても優秀だけどちょっと風変わりな人物”というのを意識しています。“なんでも出来る人”というよりは“ひとつのことが飛び抜けて出来る人”というイメージで役作りをしてみました。
 荒川良々さんが演じる多々良との掛け合いは本当に噛み合っていなくて…(笑)、でもそういうお芝居がとても楽しいんです! 荒川さんの独特の風貌と間合いも存分に生かされていますし、相国寺ととてもお似合いのコンビですので、そこは楽しんで見ていただきたいですね。
 これまでいろいろな刑事、探偵の役をやらせていただきましたが、その中でも今回の事件はなかなかのモノです! すごく頭の良い人が緻密に計算した上で行なわれた犯罪の謎をひとつひとつ解いていく――絶対に楽しめるドラマになりますので、ご期待ください!

<荒川良々 コメント>
 僕が演じる多々良と沢村一樹さんが演じる相国寺は、劇中一緒にいてもまったく噛み合っていなくて、僕は常に沢村さんに翻弄されています。監督からは「いいバランスなんじゃないの?」と言っていただいたので、よかったかな、と思ってはいるのですが…(笑)。
 僕は刑事の役なので、事件が起きた後に現場にやってくるのですが、つくづく「殺される側じゃなくてよかったな」と思っています(笑)。きっと緊張しちゃいます…。脚本いただいてキャストのみなさんのお名前を見たとき「うわぁぁっ!」ってなるくらい錚々たるみなさんが並んでいましたから! 現場でお芝居を直接見てみたいとは思いますが、今のところは殺されている様子を写真で見るばかりです。みなさん、本当にいろいろな殺され方をしているので、楽しみにしていてください(笑)。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える