• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

NMB48 市川美織「この映画が私の代表作」映画『放課後戦記』のクランクイン前安全祈願に登場

119147_01_R 先日、2018年の公開が発表となった映画『放課後戦記』のクランクイン前安全祈願が行われ、市川美織(NMB48)、りりか、秋月成美らが登場した。

 昨年、市川が主演を務め、全10公演がSOLDOUTした演劇「放課後戦記」の映画化となる本作。出演者22名が参加した三田春日神社での安全祈願で市川は、「初めてこういう安全祈願のメンバーに選んでいただいて緊張しましたけど、心が清らかになりました」と緊張の面持ち。しかし続けて、「いよいよ撮影がはじまるんだと、新たな決意ができました。舞台と違う映画化なので、不安な部分がありましたが、いよいよクランクインするので、この映画が私の代表作として、これからも語り継がれるような作品にしたいと思います」と主演映画への気合いを覗かせた。
新たに出演が発表された秋月は、「いよいよ映画が始まるので、すごく身が引き締まると共に、代表作になるようしっかり頑張りたいと思います」とコメント。また、舞台に引き続き、映画への出演も果たすりりかは、「今回、初めて映像のアクションシーンに挑戦するのでお稽古しながら本当に不安でしたが、いよいよクランクインなので頑張ります。本番も怪我をしないでできますように! 安全祈願に参加できて良かったです」と映画化への不安を語りながらも、クランクインが待ち遠しい様子だった。

【作品情報】
『放課後戦記』
■原案:オクショウ
■監督:土田準平
■脚本:桃原秀寿 
■出演:市川美織 秋月成美 りりか 窪田美沙 加藤美紅 野々宮ミカ 八木千明 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える