• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

東山紀之主演『刑事7人』第3弾が7月スタート!“シリーズ最強の敵”も登場

『刑事7人』 東山紀之主演のテレビ朝日系連続ドラマ『刑事7人』の第3弾((水)後9・00)が、7月より放送されることが決定した。

 2015年、2016年と同局系の7月期“水9”枠を飾ってきた人気シリーズ。今作では、犯罪が激増する区域・東京臨海エリアを専従捜査する最強の別動隊=「第11方面本部準備室」が発足。東山演じる機動捜査隊の刑事・天樹らがそのメンバーとして凶悪犯罪に挑みながら、闇でうごめく“シリーズ最強の敵”との熾烈な戦いに身を投じていく。これまで語られることのなかった、天樹の妻子の事故死に隠された衝撃の真相も明かされるという。

 第3弾を迎えて、東山は「主演を務めさせていただいた上に、その作品を3シリーズも続けさせていただくことは、今の時代では珍しいこと。ですから、素直にうれしいです。過去2シリーズを経て出来上がった世界観を土台に、今回はキャラクターをより多方面で表現したいな、と考えています」と意欲たっぷり。1年ぶりに天樹を演じるに当たっては「“自分自身をありのままに出していこう”という思いが強いです。僕自身も妻と子どもがいるので、天樹の家族に対する思いについてより深く考えられるようになりましたし、自分の中にある引き出しや感情が、否応なしに反映されると思うからです」と、自身と重ね合わせた。

 共演には、髙嶋政宏、片岡愛之助、倉科カナ、塚本高史、吉田鋼太郎、北大路欣也とおなじみの面々が、東山と同じ「第11方面本部準備室」のメンバー役で再集結。東山は「レギュラー出演者の皆さんは『よくこんなに集めたなぁ!』と驚くくらい、どなたもプロフェッショナルで、クセのある方ばかり。そのクセが僕は大好きなんです。皆さん、本当にいろんな球を投げてきますからね! ですから逆に、僕自身は直球で勝負したい。その球をどう受け止め、どう投げ返してくださるか楽しみです。視聴者の皆さんにも、この座組みならではの化学反応を堪能していただきたいです」とPRしている。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える