• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知らが東出昌大主演『寝ても覚めても』に出演

瀬戸康史 東出昌大主演の映画『寝ても覚めても』の追加キャストが発表され、瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知、仲本工事、田中美佐子が出演することが分かった。さらに、8月25日にクランクアップを迎えた濱口竜介監督のコメントも到着した。

 芥川賞作家・柴崎友香による同名小説を、東出と濱口監督がタッグを組み映画化した本作は、ミステリアスな自由人・麦(バク)と、優しくて誠実なサラリーマン・亮平というそっくりな顔をした2人の男の間で揺れ動く女性・朝子を描く物語。東出は、麦と亮平の1人2役に初挑戦し、ヒロイン・朝子役を唐田えりかが演じる。

 解禁された追加キャストの瀬戸は亮平の会社の後輩でクールな串橋役、山下リオは朝子のルームメイトで女優の卵・マヤ役、伊藤は朝子の親友・春代役、渡辺は麦に家を貸している友人・岡崎役、田中は朝子を優しく見守る岡崎の母親・栄子役、そして、仲本は主人公たちをつなぐ重要人物・平川役を演じる。

 クランクアップを迎えた濱口監督は「“この人たちしかいない”と思える、とても素晴らしいキャストが集まった現場でした。役者さんたちの間に生まれた信頼関係が、お互いの魅力を引き出してくれたと思います」と撮影を振り返り、「主演の東出さんが献身的に、撮影のすべてを支えてくれました」と明かした。また「原作の大切な部分も、映画の中にしっかりと残せたと思っています。きっと、この上なく面白い映画になるでしょう。期待してお待ちください」とメッセージを寄せた。

映画『寝ても覚めても』
2018年公開

<ストーリー>
大阪に住む21歳の朝子は、青年・麦(バク)と運命的な恋に落ちる。しかし、彼はある日、忽然と彼女の前から姿を消してしまう。それから2年後、東京に引っ越した朝子は、麦にそっくりな顔をした男・亮平と出会う。麦のことを忘れられない朝子は亮平を避けようとするが、そんな朝子に亮平は好意を抱く。戸惑いながら、朝子も亮平に惹かれていくが―。麦と亮平―同じ顔をした、過去の”恋”と現在の”愛”が朝子の心を揺らしていく。

原作:「寝ても覚めても」柴崎友香(河出書房新社刊)
監督:濱口竜介
出演:東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知/仲本工事/田中美佐子
製作:『寝ても覚めても』製作委員会
配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス

公式サイト:http://www.bitters.co.jp/netemosametemo/

©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える