• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

中谷美紀が国仲涼子とキスシーン!「必死に歯磨きをした」

『連続ドラマW 片想い』 10月21日(土)スタートの『連続ドラマW 片想い』(WOWOWプライム)の完成披露試写会が行われ、主演の中谷美紀、桐谷健太、国仲涼子、大谷亮平、永田琴監督が登壇した。

 東野圭吾の累計100万部を超える“ジェンダー”を題材にした同名小説をドラマ化した本作。WOWOWドラマ初主演の中谷美紀が、性同一性障害の主人公・日浦美月を演じる。

 ショートカットのヘアスタイルに黒いパンツ姿で登場した中谷は「性同一性障害の役柄ですので、同性愛とは異なります。男性として理沙子を愛する設定でしたので、男性らしさを追求しました」と。また、「桐谷さんって背も大きいですし、男前ですよね。桐谷さんに負けないように一生懸命筋トレして、毎日フィレステーキ2、3枚食べ、卵を2、3個食べながら、プロテインを増やしてトレーニングしていました。男になろうとして成り切れないこのもどかしさを常に感じながら演じていました」とストイックな役作りを明かした。

 さらに、「最終的な目標は、国仲涼子さんを私に惚れさせまして、旦那さんである向井理さんから奪い取ることが目標だったんですけど、残念ながらそこまで至らず。桐谷さんのほうが面白いので、国仲さんの心を桐谷さんに奪われていたような気がして、現場で常に嫉妬心を感じていました」と不満気な表情。

 桐谷は「中谷さん本当に体鍛えられたんだろうなって思ったことが、2話で美月につかみかかられて、男との力の差を見せるっていうシーンで、僕がゆっくり腕を離していかないといけないのに、すごい力で…(笑)。『これ取られへんかったら恥ずかしい!』と思って、丹田に力を入れて取りました」と振り返った。対して、中谷は桐谷の印象を「すごく不思議な方だなと思うのが、黙っていたらものすごくハンサムで美しいお顔なんですけど、しゃべり始めたら面白い」と指摘。すると、桐谷は「黙っとこうかな…」と思案顔。

 劇中でキスシーンのある中谷と国仲。撮影を振り返って、女性とのキスシーンは初めてだったという国仲は「台本を読んだ時からドキドキしていて、すごく緊張しました。本番は優しさに包み込まれるようなキスで、思い出しても緊張します」と恥ずかしそうに語った。中谷は「無我夢中でした。涼子に嫌われないように必死に歯磨きをし、ミントを口に含み、フレグランスかけたりして…。長くロマンティックなキスシーンを国仲涼子さんと演じられて光栄でした」と照れ笑い。

 一方、同じ大阪出身で劇中ではシリアスなシーンが多い桐谷と大谷。大谷は「桐谷さんは生粋の大阪の人で、僕も普段大阪弁やったり、独特の間やテンポだったりが染み付いているので、結構ツボな点が一緒で。1回ピリピリさせるくらい、撮影中に笑いが止まらなくなったときがあった」と明かす。桐谷が「亮平とは真剣な張り詰めたシーンが多かったのでそれが1回切れてしまうと、顔見合わせるだけで面白くなってくる」と仲の良さを披露。

 また、本作の題名にちなみ、片想いしている出来事について中谷は「糖質、及び炭水化物に片想いしています。肉体改造するために甘いものやおうどん、白米大好きなんですけど、残念ながらいただけない体なので…。白米の代わりにキヌアを食べたり、おうどんじゃなくおそばを食べたり、砂糖を使っていない甘いチョコレートやケーキがもっと世の中にたくさん増えてくれたらいいなと願っています」と。国仲は「ラーメンですね。ラーメンが大好きで3食でもいいくらいです!こってりとした油がいっぱい乗ったラーメンが好きなんですけど、太りやすい体質なので、我慢しています」と明かした。

 最後に、イベント当日が大谷の37歳の誕生日であることから、中谷から大谷へサプライズで花束が贈呈。大谷演じる二面性のあるキャラクターにちなみ、中谷が白とグリーンの花を選びアレンジされたという花束。このサプライズに大谷は「中谷さんとの最後のシーンをやらせてもらった後にお菓子とお手紙の差し入れを頂いて、1シーンだけなのにこんなに丁寧にしていただけるんだと素敵な大先輩」と感激した様子。37歳の1年について「日本で活動して2年目に入るんですけど、これからも1つひとつ大切に取り組んでいきたいです」と笑顔で意気込みを語った。

『連続ドラマW 片想い』
WOWOWプライム
10月21日(土)スタート※第1話無料放送
毎週(土)夜10:00~(全6話)

<ストーリー>
スポーツライターの西脇哲郎は大学時代に所属していたアメリカンフットボール部のマネジャー理沙子と結婚したが、夫婦仲はうまくいっていない。ある日、哲郎は早田幸弘、須貝誠らチームメイトと同窓会を開いた帰り、須貝と忍び込んだ大学のグラウンドで部のマネジャーだった日浦美月に遭遇する。異様な雰囲気を醸し出す美月の口からは「人を殺した」という衝撃の言葉が。さらに哲郎宅で美月は、哲郎、須貝、理沙子に対し自分が性同一性障害だと告白。男としてクラブでバーテンダーとして働く美月が、ホステスの佐伯香里につきまとう客を人目のない所で殺したというのだ。最初は絶句した哲郎らだが、アメフト部の元部員で美月の元恋人、中尾功輔も交え、美月を守ろうと決意する。そんな折、美月が失踪。哲郎は美月を捜すうちに、次々と苦悩に満ちた事実に直面する。

原作:東野圭吾『片想い』(文春文庫刊)
監督:永田琴
脚本:吉田紀子
出演:中谷美紀、桐谷健太、国仲涼子、大谷亮平、和田正人、中村アン、高月彩良、眞島秀和、赤堀秀和、酒井美紀、丘みつ子、田中要次、秋吉久美子、鈴木浩介/田中泯 橋爪功

番組特設サイト:http://www.wowow.co.jp/dramaw/kataomoi/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える