• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

二宮和也が日曜劇場初主演!海堂尊原作『ブラックペアン』でダークヒーローに

『ブラックペアン』 4月期のTBS日曜劇場で、嵐・二宮和也主演の『ブラックペアン』を放送することが決定。二宮がTBSの連続ドラマに出演するのは2008年10月期に放送された金曜ドラマ『流星の絆』以来10年ぶり、日曜劇場で主演を務めるのは今回が初めてとなる。

 原作は、シリーズ累計115万部(※2月1日現在)を突破している海堂尊の「新装版 ブラックペアン1988」(講談社文庫)。主人公・渡海征司郎(二宮)が外科医としてのプライドを守るため、嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に真っ向から立ち向かい、新技術導入を巡るさまざまな不正や隠された過去を暴いていく、痛快医療エンターテインメント。

 本作で二宮が演じるのは、天才的な手技(縫合技術)を持つ外科医・渡海征司郎。大学病院にいながら出世に興味のない一匹狼で、万年ヒラの医局員。手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医である一方、その傲慢な性格と言動が周囲との軋轢を常に生んでおり、同僚からは「患者を生かし、医者を殺す」と評される、通称“オペ室の悪魔”。

 「久々に連続ドラマに出演させていただきます。毎週観てくださる方々の感情を揺さぶれるよう、全力で行きます!」と意気込んだ二宮は「指導の先生に付きっきりで“今、目の前で起こっている事”の説明を伺いながら、先日、心臓の手術を見学させて頂きました。初めて見る世界だったので、緊張しました」と既に手術見学などの事前勉強を始めている。

 また、渡海征司郎というキャラクターについて「僕自身はあまりダークヒーローという認識をしていませんでしたが(笑)、長期間渡海を預からせていただくので、役とじっくり向き合いたいと思います。日曜劇場に出演するのは初めてですが、日曜日は家族そろってすごすイメージなので、そういう日の最後の締めになれるように頑張りたいです」と語った。

 大きな権力や、医学の限界に立ち向かっていく男の生き様を描いた人間ドラマ『ブラックペアン』はTBS日曜劇場にて4月スタート。

<伊與田英徳プロデューサー コメント>
原作を手に取ったとき、あっという間にラストまで読み進んだことを、昨日のことのように覚えております。あのハラハラドキドキした感動をドラマ化できるかと思うと大変光栄に思います。主演の二宮さんは、以前、スペシャルドラマ『赤めだか』でご一緒させていただきました。その演じている姿を目の当たりにして、素晴らしいお芝居をされる方だと改めて痛感した次第です。さまざまな役を演じられてきた二宮さんに、ぜひとも、この渡海征司郎という天才外科医役を演じていただきたいと思い、オファーさせていただきました。今回は初の外科医、しかもダークヒーローを演じられるので、これまでに見たことのない、新しい二宮さんが見られると思います。医療の分野ならではのエピソードはもちろん、そこにまつわる人間の思いをしっかり描き、さらには、今回のドラマのキーアイテムとなる“ブラックペアン”の謎を最終回に至るまでしっかりと描いていきますので、是非楽しみにしていていただければと思います。

日曜劇場『ブラックペアン』
2018年4月スタート
毎週日曜 後9・00~9・54

<スタッフ>
製作著作:TBS
原作:海堂尊「新装版 ブラックペアン1988」(講談社文庫)
脚本:丑尾健太郎
プロデューサー:伊與田英徳、川嶋龍太郎、峠田浩
演出:福澤克雄、田中健太、渡瀬暁彦

出演者:二宮和也ほか

©海堂 尊/講談社

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える