• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

加賀まりこが『相棒season16』最終回で水谷豊と初共演「本当に楽しかった」

©テレビ朝日

©テレビ朝日

 加賀まりこが、3月14日(水)放送のテレビ朝日系『相棒season16』最終回2時間スペシャル(後8・00)にゲスト出演する。

 最終回は、週刊誌記者・風間楓子(芦名星)がエスカレーターから転落して負傷したことに端を発する物語。楓子はその場に居合わせた甲斐峯秋(石坂浩二)ら警察関係者の誰かに突き落とされたと主張するが相手にされず、誌面で告発。記事はたちまち世間の話題をさらい、特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)の目にも留まる。

 加賀が演じるのは楓子の母親で、大阪を拠点とする暴力団「風間燦王会」組長の妻・風間匡子。娘の一件を知って怒りが沸き上がり、警察への宣戦布告も辞さない覚悟で東京に乗り込んでくる。 

 加賀は「私の出番の見どころは右京さんたちと、とぼけて会話するところ」とアピール。水谷とは初共演で、「本当に楽しかった」としながらも「でも、豊さんは私の芝居を見てケラケラと笑っていらしたのよ。私の表情がそんなに変だったかしら?」と苦笑。親子役を演じたこともある反町については「大人の男の人という感じがしましたね」と話した。

 役作りのため、1か月にわたり関西弁も練習。加賀は「私にとって仕事は面白がれるかどうかが大事。今回はとっても面白がれましたから、どんな作品に仕上がってくるのか私も楽しみです」とコメントしている。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真