• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

極楽・加藤浩次、自分のものまねに爆笑「どうしても笑っちゃう」

『極楽とんぼKAKERUTV』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、『極楽とんぼKAKERUTV』#39が、3月1日に生放送された。

 3月1日の放送では、“地上波NGネタを放送にカケル!極楽クソものまね”と題し、地上波で活躍するものまね芸人が“面白いけどまねる人物がやばい”“下ネタがひどい”などの理由で地上波では絶対に放送できないものまねを披露した。

 スタジオには“クソものまねレジェンド”として、前回の優勝者である原口あきまさと、ミラクルひかるが登場。2人を見たパンサーの向井慧が「クソものまねレジェンドというより、ものまねレジェンドですよね?」と質問すると、原口は「いえ、“クソ”ものまねレジェンドです」と答え、ミラクルも「私も“クソ”出身でございます」と答え、スタジオの笑いを誘った。

 2回目となる今回のルールは、4組の新たな挑戦者が順番にネタを披露。これに対し、レジェンドはどちらが戦うかを相談して対決する。レジェンド2人の意気込みを聞いた加藤浩次は「僕、ミラクルさんのネタ楽しみですわ。世の中に出していないドス黒い部分を持ってそうな…」と、ミラクルの活躍に期待を寄せた。

 1組目の対決では、挑戦者のこりゃめでてーなの伊藤こう大とR藤本が、アニメキャラのものまねをしながら下ネタ全開のコラボネタを披露。2人を迎え撃つミラクルひかるは、日本の芸術家・草間彌生のものまねを披露した。

 ミラクルのものまねを見た加藤は「さすがですね!草間さんのドキュメンタリーとかよく見るけど、あのしゃべり方とかそっくりよ」と絶賛。視聴者と極楽とんぼ2人からの投票を得たミラクルの圧勝となった。

 2組目の対決では、メルヘン須長と原口が登場。メルヘンは沢口靖子のものまねを披露しながら、さまざまな国民的アニメキャラの声真似を1人で演じ、スタジオを驚かせた。

 対する原口は、稲川淳二のものまねで下ネタトークを披露。「怖いな~怖いな~」というおなじみのせりふにスタジオは笑いに包まれた。

 2組の対決を見終えた加藤は「この勝負は難しい」と話しつつも、挑戦者のメルヘンに票を入れ、結果はメルヘンの勝利となった。

 そして番組冒頭、加藤に「前回の放送でやったから、今日は俺のものまねやらないよね?」とあらかじめ釘を刺されていた原口だったが、やはり加藤のものまねを披露。これを見た加藤は「やんないって言ったろ!またやりたがったよ」と、不満を漏らしつつも「自分でもどうしても笑っちゃうんだよね」と原口に投票した。

 その後も、レイザーラモンRGや、松本人志のものまねで有名なものまねタレントのJP、綾瀬はるかのものまねをする沙羅が登場し、爆笑ネタを披露した。

『極楽とんぼKAKERUTV』番組概要
放送日時:毎週木曜 夜9時~夜10時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

キャスト:極楽とんぼ、向井慧(パンサー)
ゲスト:原口あきまさ、ミラクルひかる、レイザーラモンRG、伊藤こう大(こりゃめでてーな)、R藤本、JP、沙羅、メルヘン須長

過去放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/8cwuRF5cyQzsJ7

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える