• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

椎名桔平主演の社会派サスペンス「連続ドラマW 不発弾」放送決定 共演に宅麻伸、原田知世、奥田瑛二

「連続ドラマW 不発弾 ~ブラックマネーを操る男~」 椎名桔平主演で作家・相場英雄の社会派サスペンスをドラマ化した「連続ドラマW 不発弾 ~ブラックマネーを操る男~」が、WOWOWで6月10日(日)から放送されることが決定した。

 本作は、食肉偽装問題を題材にした『震える牛』などで知られる相場英雄の小説『不発弾』(新潮社刊)のドラマ化。7年間で1500億円の「不適切会計」を発表した大手総合電機メーカー・三田電機産業。その裏で暗躍する1人の男と、彼を取り巻く人々の人間模様を描いた骨太の社会派ヒューマンサスペンスだ。

 主人公の金融コンサルタント・古賀遼を演じるのは椎名桔平。貧しい炭鉱町で育ち、東京の証券会社に入った古賀は、ある出来事を機に欲深い人間たちへの復讐を始め、証券業界ひいては経済界の影の立役者にのし上がっていく。

 古賀を取り巻く人物として、財界に広い人脈を持つ三田電機産業相談役・東田章三役に宅麻伸、和装小物店を営みながら古賀と暮らす内縁の妻・村田佐知子役に原田知世、古賀を証券マンに育て上げた元上司・中野哲臣役に奥田瑛二と実力派俳優が集結。古賀を追って不適切会計の真相に迫る警視庁捜査二課の小堀弓子役は近日発表予定。

<ストーリー>
1500億円もの「不適切会計」が露呈した大手電機メーカー・三田電機産業の記者会見。狼狽する社長を裏で操る1人の男がいた――金融コンサルタント・古賀遼(椎名桔平)。捜査二課の管理官・小堀弓子は、この「不適切会計」は「粉飾」であり、上場廃止にならないことに違和感を覚える。そんな中、三田電機の経営監査部長が自殺。直後、古賀は同社相談役・東田章三(宅麻伸)と密会する。小堀はこの自殺に事件性があると疑い始めていた。一方、内縁の妻・村田佐知子(原田知世)に優しい笑みを浮かべる古賀。この男は一体何者なのか?
昭和52年――金と男にだらしない母親の下、貧しい炭鉱町で育った古賀。妹を東京に連れ出したい一心で、上司・中野哲臣(奥田瑛二)にノウハウをたたき込まれ、国民証券でのし上がっていくが――。数年後、ある出来事を機に始まった古賀の復讐は、日本経済の深い地層に「不発弾」として仕掛けられていく。

「連続ドラマW 不発弾 ~ブラックマネーを操る男~」
WOWOWプライム
放送日:6月10日(日)スタート
毎週日曜日 後10:00~(全6話・第1話無料放送)

原作:相場英雄『不発弾』(新潮社刊)
監督:星野和成(『チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像』、「連続ドラマW スケープゴート」)
脚本:田中眞一(「チーム・バチスタ」シリーズ、「連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-」)
音楽:林ゆうき(「ストロベリーナイト」シリーズ、「リーガル・ハイ」シリーズ)

出演:椎名桔平、宅麻伸、原田知世、奥田瑛二 ほか

番組サイト:http://www.wowow.co.jp/dramaw/fuhatsudan

<コメント>

■椎名桔平(古賀遼役)
◇「不発弾 ~ブラックマネーを操る男~」の出演が決まった際のご感想、脚本を読んだ時の印象

依頼のお話をいただいた時に、まず原作を拝読したのですが、経済の世界における深い人間ドラマに感銘しました。特に主人公の古賀の、恵まれない生い立ちから、大企業を裏で支える人物になるまでの半世紀にも及ぶ紆余曲折した生き方は、私にとってとても魅力的に感じました。
脚本を読んで感じたのは、原作を踏襲しながらも、連続ドラマというエンターテインメントの世界に、大胆さと繊細さを持ち合わせながら、それぞれの役と役の関係性がより立体的になっていると感じました。

◇主人公・古賀遼の印象と、演じるにあたっての“表現したいこと”や“チャレンジしたいこと”等の意気込み

古賀という人物像は、とても繊細な面と思わぬ大胆さ、そして清濁あわせ呑む男という印象です。善悪の狭間で葛藤しながらも、強い意志を持って生きている男です。20代後半から50代後半までを行ったり来たりしながらの撮影ですが、その時間軸をしっかり掴んで演じていきたいと思ってます。

◇視聴者へのメッセージをお願いします。

いわゆる経済ドラマとか金融ドラマとかでは括りきれない、骨太な人間ドラマです。信頼する星野監督のもと、最高のスタッフ、キャストの皆さんで、グッとくる作品をお届け出来るように頑張ります。

■宅麻伸(東田章三役)
◇「不発弾 ~ブラックマネーを操る男~」への出演が決まった際の感想、脚本を読んだ印象

「WOWOW」「社会派」「不発弾」
相場英雄さんの原作は『血の轍』でも参加させて頂きましたが、数年を掛けて取材を積み重ね書き上げる原作も拝読していましたので…それを聞いただけで身が引き締まる思いがしました。

◇大手電機メーカー三田電機の元社長である東田章三の印象をお聞かせください。

一実業家だけにとどまらず、日本の先々まで考えている男。
万人を救うためなら、一人の犠牲をも厭わない男。
それが正しいと信じてしまった男。

◇主演・椎名桔平さんとの共演についてのご感想

以前から「カミソリ」のような俳優というイメージがあり、共演できることをとても楽しみにしていました。
初めてこの作品で共演しましたが、シャープな印象を更に受け古賀という役に重なり、一瞬演技とは思えない密談シーンの撮影で大企業のリアルさを俯瞰で垣間見た自分がいた程です。

■原田知世(村田佐知子役)
◇「不発弾 ~ブラックマネーを操る男~」への出演が決まった際の感想、脚本を読んだ印象

人々の思惑が渦巻く経済界で古賀がどう生き抜いていくのか、スリリングな展開に引き込まれていきました。
炭鉱町に生まれ、妹を助けることだけを考えていた少年時代から、復讐を誓い、そのエネルギーだけで前に進んできた古賀の半生を見つめていると、真の悪について、考えさせられました。

◇古賀遼と20年以上連れ添っている内縁の妻・村田佐知子の印象をお聞かせください

悲しみ、怒り、憎しみを抱いて生きてきた古賀にとって、疑うことなく真っ直ぐに古賀を見つめる佐知子の存在は彼の唯一の心の支え。冷酷にも見える古賀の、本来持っていた優しさや温かさが佐知子との関係の中で見えてくる。古賀という人物を描く上で彼女はとても重要な人物だと思いました。

◇主演・椎名桔平さんとの共演についての感想

古賀の登場シーンを読んだ瞬間から、椎名さんの姿がはっきりと見えました。
椎名さんによって、孤独を纏ったクールな古賀のミステリアスな魅力が引き立っていると思います。
この作品で初共演させていただけることをとても嬉しく思っています。

■奥田瑛二(中野哲臣役)
◇「不発弾 ~ブラックマネーを操る男~」への出演が決まった際の感想、脚本を読んだ印象

う~む、なんとも硬質なドラマであろうか。このドラマに身を置くこと、それは自身にとってかなりの冒険である。いざ脚本を手にし、そして演じる…七転八倒!自律神経崩壊!
もはや、この役から逃げ出すことはできない。物語の展開もさることながら、金融界の用語、システム、悪夢の連続である。しかし、我が身は一つ、気合の入れどころを間違えないように、気合を入れて臨んでます。あとは野となれ山となれ!である。

◇バブル期の証券業界を生きた中野哲臣の印象をお聞かせください。

大海の渦巻きの中をジェット・コースターよろしく生きた人物。小生と同年。
言わずもがなである。

◇主演・椎名桔平さんとの共演についての感想

椎名桔平さんとはがっぷり本格的に共演させていただくのは初めてである。しかし、そのことに浮かれ楽しむ余裕が今のところありませんが、お互いクランクアップしたらうまい酒が飲めるよう渾身満力で臨みます。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える