• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

城島茂が三味線デビュー!「TOKIOのメンバーにも言ってない」極秘練習明かす『民謡魂』4・30放送

©NHK

©NHK

 TOKIOの城島茂が、自身が司会を務める民謡番組『民謡魂 ふるさとの唄』(NHK総合)の4月30日(月・祝)放送回で三味線奏者としてデビューすることが分かった。

 伝統的な民謡やふるさとの唄、郷土芸能などで、日本の伝統音楽の再発見をめざす同番組。新年度初回となる今回は、埼玉県草加市で行われた公開収録の模様をオンエアする。

 今回、5年間司会を務めてきた城島茂が、三味線プレイヤーとしてデビュー。大友良英、Sachiko Mが書き下ろした番組テーマソング「ゆめがきこえる」をオープニングで演奏する。

 1年前から、ひそかに三味線の猛特訓を続けていたという城島。三味線デビューについてはTOKIOのメンバーにも打ち明けていないそうで、「きっと驚くと思います。山口(達也)とは収録前日にメールしましたけど、民謡の番組とだけ言ったので、島茂子さんのイベントだと勘違いしてるんじゃないですかね(笑)」と笑った。

 三味線の習得には苦戦を強いられたそうだが、「練習してみて分かったのは、ギターと三味線は同じ弦楽器でもまったくの別物だということ。だから僕もまだまだ未熟ですが、音楽の表現ツールが1つ増えたのはうれしいですよね」と表現者としての喜びを明かしつつ「TOKIOとは違う世界観でやらせていただいているので、応援団長・城島茂として、番組や民謡を盛り上げていければと思います」とさらなる意気込みを。

 この日の放送で城島は三味線のほか、「東京音頭」で民謡歌手・會澤あゆみとコラボ。客席から会場全体を盛り上げる。

『民謡魂 ふるさとの唄』は、NHK総合にて4月30日(月・祝)後3・05~3・49放送。

©NHK

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える