• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

嵐・相葉雅紀、甲子園は地元・千葉の木更津総合と中央学院に期待「上位に行ってくれたら」

 嵐の相葉雅紀が、東京・六本木ヒルズアリーナで行われたイベント『熱闘甲子園theLIVE体感STAGE2018』にサプライズ登壇した。

 ABCテレビの「熱闘!高校野球100回スペシャルナビゲーター」を務める相葉は、同局を含むテレビ朝日系『熱闘甲子園』(8月5日スタート(月)~(金)・(日)後11・10、(土)後11・15)で共演するキャスタ―の古田敦也、ヒロド歩美アナウンサーとトーク。もともと高校野球ファンで「毎年春夏1回ずつくらいは甲子園に観に行っていた」と明かし、「こうして伝えられる立場になれて本当に光栄。頑張って感動を伝えていきます!」と意気込んだ。

 今夏、記念すべき第100回を迎える全国高校野球選手権大会。相葉は過去の“ベストオブ熱闘”として、昨夏の大阪桐蔭の主将・福井章吾捕手を挙げた。3回戦で仙台育英に敗れて春夏連覇を逃し、福井捕手が涙を流した試合を映像で振り返り、「この試合、甲子園で生で観ていたんですけど、球場がどよめいて。あれはすごかったなぁ…」としみじみ。

 今年の注目校を聞かれると、「基本的には球児が好きなので、全部の県を応援したい」としながらも「地元が千葉なので、木更津総合と中央学院が上位に行ってくれたら」と期待を寄せた。

 8月4日(土)に放送される直前番組『号泣甲子園』(後3・00)では、松井秀喜と対談。「デカかった。すべてが大きかった」と印象を語り、「5連続敬遠の話や、“今振り返るとこう思う”ということもおっしゃっていただいた」と感激していた。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える