• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

荻野目洋子、共演の高橋克典に「すごみのある渋い役者さんだと思ったら…」

『ネット歌姫~パート主婦が、歌ってみた~』 1月26日(土)放送のドラマ『ネット歌姫~パート主婦が、歌ってみた~』(BSプレミアム)の試写会に、荻野目洋子、高橋克典、浅香航大が出席した。

 本作は、平凡な主婦が思いがけずネット歌姫になった実話を基に、YouTuberの世界を描くドキュメンタリードラマ。主人公の主婦・富岡もとかを荻野目、その夫・雅俊を高橋、もとかをネット歌姫へと導く大学生・松尾徹を浅香が演じる。

 23年ぶりにドラマ出演する荻野目は「しばらくドラマのお仕事をしていなかったので、今の私にできるのかと思いましたが、脚本を読んで共感するところがたくさんあって、こんなチャンスはないと思ってやらせていただきました」と語り、「撮影は皆さん温かくて緊張感もなく、それがいい意味で自然体に映っていたらうれしいです」と振り返った。

 高橋は作品について「今という時代をとらえた面白い作品です。しかも俳優の卵さんたちも出演していたり、YouTuberの話なので、それによってYouTubeに上がっている映像のような空気を持ったドラマに仕上がっています。監督の制作意図が面白い形で具現化されて、新しい種類のドラマと楽しんでいける未来を感じさせる作品です」と説明した。

 高橋が演じる雅俊は温和な性格で優しい夫という役柄。「パステルカラーのようなテイストのドラマなので、パステルカラーに自分を染めて優しいお父さんをやってみました。なかなかテレビではやることがなかったトーンの芝居なので、楽しかったですが、寝起きのパジャマ姿を見られたようで恥ずかしかったです(笑)」と。

 昨夜完成した作品を見たという浅香は「一発目の感想は、今さら失礼なのですが『荻野目さん歌うまっ!』です。荻野目さんが歌って踊る姿を一番近くで見て来たので、本当に感動の連続でぜいたくな撮影現場でした」と。

 また、プロのYouTuberを目指す大学生という役柄については「YouTuberをどんな人がやっているのか研究を重ねました。作品を通して新しい世界を自分自身が見たような気がして楽しかったです」と振り返った。

 本作で描かれるYouTuberの世界。荻野目は「自分の楽曲がYouTubeで注目された昨今がありますが、今回あらためて主婦がこうして注目されるという事が現実で起きていると知る事ができました。いつでも誰もがという可能性を秘めているというのを肌で感じました」と。浅香は「YouTubeは自分が好きなものを選択して見られるので見やすくて、最近はYouTuberの動画を見ながら寝るのが日課になっています」と明かした。

 今回、荻野目は高橋、浅香と初共演。それぞれの印象について「高橋さんはすごみのある渋い役者さんだと思っていたんですけど、今回の役柄が素に近かったんじゃないかと思うくらい優しくて、現場も終始和やかなムードでした(笑)。浅香さんはダンスをやられていた過去があると聞いて、身長も高くてイケメンでダンスもできるって最強だなと思って、これからも楽しみなすてきな役者さんです」とコメントした。

 そんな荻野目の印象について高橋は「笑顔で踊っている姿が印象的で、一番初めに家族や子育ての話をして、この作品も家庭の話がテーマにありましたし、接しやすい方で、終始和やかに過ごさせていただきました」と。一方の浅香は「自分は小心者なので、荻野目さんの事を知りすぎて緊張して空回りするのが怖かったので、調べずに撮影現場に挑みました。終わった後に曲やPVをあらためて拝見して、すごい人とご一緒しているんだと震えました」と語った。

『ネット歌姫~パート主婦が、歌ってみた~』
BSプレミアム
1月26日(土)後10・00~11・30

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える