• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

長瀬智也、バレンタインは「毎年忘れるくらい縁がない」

長瀬智也
 ヘアケアブランド「CLEAR」の新CM発表会が行われ、CMに出演する長瀬智也が登壇した。

 CM出演について長瀬は「この年でシャンプーのCMをやらせてもらえるなんて幸せだなと思います。このように新商品の発表、新CMの発表を含めて皆さんに見ていただけるのは幸せだなと思います」と語った。

 CLEARはバレンタインデーの新常識としてバレンタインデーにメッセージ入りのシャンプーを送るという斬新な発想を提示。この提案に長瀬は「毎日見るでしょうからね。意外にシンプルな言葉の方が思ったりもします。僕もいろいろ旨を聞いていますので、準備をしています」と自身のメッセージを披露。「“常識にとらわれず輝き続けてください”というシンプルなメッセージですけどね、些細な言葉ですけど、ふと見て今日も頑張ろうという気持ちになっていただければと、そのぐらいの気持ちが伝わればいいと思います」と世の中の女性に向けてメッセージを送った。

長瀬智也
 「バレンタインにゆかりがないので、あげるのとかキャラじゃないんですけども、シャンプーだったらあげやすいかもですね。チョコだとベタと言う感じですけど、シャンプーだとフラットに渡せますね」とCLEARの提示する新常識をアピールした。

 バレンタインデーの思い出を聞かれると「バレンタインということを毎年忘れるくらい縁がなかったので、もらうこともなかったですね。僕の中では2月14日は母親の誕生日なので、バレンタインというよりは母親のことを考えることの方が多かった気がしますね」と。

 さらに「(学生時代は)早い話もてない男だったし、気持ち悪いと思われてたぐらいだったのですが、1人だけくれた女の子がいたんです。大人になってから考えるとそういう人が大事なんだなと思いますね」と振り返った。

 また、髪の毛のケアについて問われると「髪の毛は丈夫な方、しっかりしていると言われています。パーマとかをかけると、すごく直毛だからか、すぐストレートに戻っちゃうんですよね。CLEARを使ったらしっとりして自然に乾いてもウェーブが残っててうれしかった。髪の毛に関心がないのですが、40という歳にもなったので、匂い的なものも気にするようになってきて、ケアをしなきゃいけないという気持ちにさせられています」と語った。

 “常識にとらわれない”というキャッチフレーズにかけて、常識破りな話を求められた長瀬は「常識破っている感覚はないんですけど、いわゆるジャニーズがやるような作品を全くやらないでやってきてしまったというのは、常識を破ってしまったという気持ちにさせられることはあります。けど、こういうやつがいてもいいんじゃないかと思いますけどね(笑)気にしないで前に突き進んだことが1つの正解なんじゃないかと思っています」と語った。

長瀬智也
 最後に「常識にとらわれずにというキャッチフレーズの以外にも、おっさんというフレーズが入っていたりとか、自分もそういう風に言われる歳になってきまして、あまり言われることもなかった髪もそろそろ気にしなきゃいけない歳なのかなっていうように、このイメージキャラクターをやらせてもらうきっかけに思えるような気がします。女性用のものもあるので、もちろん女性も使ってもらいたいですけど、自分と同世代の男性の方にも僕が言っていることが伝わったらいいなと思います」と語った。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える