• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

長野博も絶賛!一流料理人がうどんをアレンジ『水野真紀の魔法のレストラン』7・10放送

『水野真紀の魔法のレストラン』
©MBS

 7月10日(水)放送の『水野真紀の魔法のレストラン』(MBS)は、今年1月に放送して好評を博した「丸亀製麺スターシェフ カスタマイズうどん選手権」の第2弾を送る。

 関西を代表する4人の一流料理人が、大人気うどんチェーン「丸亀製麺」のうどん14種、天ぷら10種、トッピング6種を駆使して、おいしい食べ方ができるオリジナルのアレンジメニューを披露する。

 神戸北野ホテル総料理長でフレンチの巨匠・山口浩シェフは「梅とろろ肉うどん」「ハイカラ丼」を、ミシュラン一つ星中国料理「エスサワダ」澤田州平シェフは「担々麺風カレーうどん」「明太とろ玉カレーつけうどん」を、関西うどん界のレジェンド「き田たけうどん」の木田武史は「コロッケだれのつけうどん」をそれぞれ披露。番組のオーナーを務める水野真紀や、芸能界きってのグルメ通として知られるV6長野博など、試食したスタジオメンバーをうならせる。

 それらを抑えて、スタジオメンバーが「一番マネしたい!」と選んだのは、ミシュラン二つ星「祇園さゝ木」の佐々木浩が考案したアレンジメニュー。「おろし醤油うどん」と「野菜かき揚げ」に、だししょうゆではなくだしソースをたっぷりかける「かき揚げとソースで焼きうどん風」、さらにシメとして「昆布おむすび」と「野菜かけ揚げ」に冷水をかける「かき揚げと昆布の冷製だし茶漬け」という一流料理人ならではの発想による組み合わせで、試食した長野は「シンプルなのに食べた時の振り幅がスゴイ」と絶賛する。

『水野真紀の魔法のレストラン』
MBS
7月10日(水)後7・00~

©MBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真