米人気ドラマ『S.W.A.T.シーズン3』に出演の小澤征悦「小者な男として出ています」 | TV LIFE web

米人気ドラマ『S.W.A.T.シーズン3』に出演の小澤征悦「小者な男として出ています」

ドラマ
2020年06月19日
小澤征悦

 凶悪事件に立ち向かう精鋭S.W.A.T.チームの活躍を描いたドラマ『S.W.A.T.シーズン3』が、6月26日(金)からスーパー!ドラマTVで日本初放送。東京が舞台の第13話に出演した小澤征悦のインタビューが到着した。

 第13話「液体らしく」で、警察の情報提供者・サトウ役を演じた小澤。「海外ドラマのオーディションはこれまで何十回も受けていて、落ちることも多い中、この『S.W.A.T.』のオーディションに受かって出演することになりました」と経緯を明かし、「出演が決まった時はすごく嬉しかった」と率直な気持ちを語った。

 レギュラーキャストとの共演については、「シェマーさんをはじめレギュラーキャストの方々、サニー齋藤さん、どの方も優しくて素晴らしい役者さんでしたので、同じ役者として共演できたことをすごくうれしく思いました」とコメント。

 さらに「『S.W.A.T.』という作品自体は銃撃戦やアクションが満載のハードボイルドな世界観ですから、視聴者の皆さんはこの先どうなるんだろうと緊張感をもってご覧になると思いますが、現場は和気あいあいとしていて、撮影自体もすごく楽しかったです」と人気ドラマの撮影現場についても言及した。

 情報提供者・サトウの役作りについては、「台本を読んでみるとカッコいい男ではなくいわゆる“小者”という印象。その“小者感”をどう表現していこうかと考え、ボディランゲージが横柄で、歩く時も肩で風を切ってガニ股で歩く、衣装もよれているといったイメージを作り上げていきました」とポイントを解説。

 第13話の見どころについて聞かれると、「僕の登場する居酒屋シーンをぜひ見ていただきたいですし、福島リラさんが女子プロレスラーに扮しているアクションシーンやホテルのルーフトップでの銃撃戦は、日本ではできないような規模の大きな撮影で迫力に満ちたシーンになっているので注目していただきたいです」とPRした。

<放送情報>
『S.W.A.T. シーズン3』日本ロケエピソード第13話「液体らしく」
2020年6月21日(日)後9・00より特別先行放送

<番組情報>
『S.W.A.T. シーズン3』
海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTVにて
2020年6月26日(金)後10・00より独占日本初放送
・二カ国語版 毎週金曜 後10・00ほか 
・字幕版 毎週金曜 深0・00ほか
※第1話先行無料公開中
https://www.superdramatv.com/lineup/SN0000001541.html

©2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved.