• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

乃木坂46齋藤飛鳥「乃木坂46の愛をたくさん伝えられるようなステージに」『レコ大』受賞者が意気込み

『第61回 輝く!日本レコード大賞』表彰式

 12月30日(月)に4時間半にわたって生放送される『第61回 輝く!日本レコード大賞』(TBS系)の表彰式が行われた。

 表彰式には、「優秀作品賞」のAKB48(柏木由紀、向井地美音、小栗有以)、欅坂46(菅井友香、小林由依、小池美波)、DA PUMP、乃木坂46(松村沙友里、齋藤飛鳥、高山一実)、Foorin、日向坂46(佐々木久美、小坂菜緒、加藤史帆)、「新人賞」の海蔵亮太、新浜レオン、BEYOOOOONDS、彩青、「最優秀歌唱賞」の市川由紀乃が登壇した。

写真をもっと見る(全31枚)

 AKB48は、キャプテンの向井地が「今年も優秀作品賞を頂き、グループとしては11回目のレコード大賞出場ということで、本当に本当にうれしく思っています。『サステナブル』の歌詞のようにAKB48のことをずっと好きでい続けてもらえるように精いっぱい明るくパフォーマンスを頑張りたいと思います」とあいさつ。

 乃木坂46は、齋藤が「『Sing Out!』という楽曲で賞を頂いたのですが、この曲はメンバーもスタッフさんも、すごく広くいろんな方にこの曲の良さが伝わるようにと頑張った曲なので、このような場に呼んでいただけて本当にうれしく思います」と感謝を語った。

 Foorinは、もえのが「今回は、このような歴史ある賞に選んでいただけて、本当にうれしいです。まさか私たちがこんなに素晴らしい賞に選ばれるとは思っていなかったので、本当にうれしいです。支えてくださった皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです」と喜んだ。

 日向坂46は、キャプテンの佐々木が「私たち日向坂46は2019年にデビューさせていただいたばかりなんですが、まさかこのデビューした年に優秀作品賞に選んでいただけるとは、夢にも思っていなかったので本当に光栄です。いつも応援してくださる方々に恩返しをできるようなパフォーマンスをできるように当日頑張りたいと思います」と意気込んだ。

 欅坂46は、キャプテンの菅井が「このような歴史ある賞にまた選んでいただけて、本当に光栄です。『黒い羊』という楽曲は世代を問わず、たくさんの方に響く楽曲だと思っていて、私たちにとっても大切な1曲なので、30日は精いっぱい思いを込めてパフォーマンスさせていただきたいと思います」と。

 DA PUMPは、ISSAが「去年に引き続き今年も優秀作品賞に選んでいただけて本当に光栄に思います。自分たちにできることはパフォーマンスしかないので、それでいろんな方が元気になってくれたりするのが、日々僕らの目標であり、楽しみであります。当日も楽しんでパフォーマンスしたいと思います」と語った。

 新人賞に選ばれているBEYOOOOONDSのリーダーの高瀬くるみは「『眼鏡の男の子』『ニッポンノD・N・A!』『Go Waist』というトリプルA面シングルのとても個性的なCDでデビューをさせていただいたんですけども、今回このようなすてきな賞を頂けること、本当にうれしく思います。このすてきな機会を頂けたことに感謝して、そして、支えてくださる、応援してくださる方、すべての方に感謝の気持ちを込めて、私たちらしくパフォーマンスさせていただきたいと思います」と語った。

 記者から秋元康プロデュースの4つグループが受賞したことについて問われると、向井地は「10作品の中で4つ、秋元先生プロデュースのアイドルグループが入ったっていう、その中の1つとして出演できることも本当にうれしいですし、そんなすごい秋元先生プロデュースのアイドルをできているという幸せをあらためて感じています。アイドルがたくさんいますが、その中でもAKB48が元気に明るくパフォーマンスしたいなと思いますし、いつも元気にパフォーマンスをしてくれている最年長のゆきりんさん(柏木)も30歳まで頑張ってくれるって言ってくれているので、私たちも負けないように頑張りたいと思います」と柏木をイジりつつ語った。

 そんな4つグループがそれぞれ負けないところを発表。AKB48の柏木が「歴が長いこと。1番最初に出来たグループなので」と答えると、会場から笑いが起こった。柏木は「こうやって全グループが同じステージに立つことは今までほとんどないので、その機会がこういうすてきな場っていうのもすごくありがたいなと思いますし、お互い切磋琢磨していきたい」と語った。

 乃木坂46からは松村が「ゆきりんさんが最年長って言われていますが、実は同年代ぐらいなんですよ(小声)。でも元気さでは負けるかなと思うので、何だろう…」と言葉を詰まらせると、その場で齋藤と高山と相談。「今回の楽曲の『Sing Out!』がみんなで一緒に歌おうっていう感じなので、この楽曲を歌っている時は、メンバーそれぞれ心が通じているなっていうのを感じながらパフォーマンスさせていただいていたので、この楽曲ではメンバー同士の愛だとか、グループ愛、心の共鳴度でいうと負けないかな」と自信に満ちた表情で答えた。

 欅坂46の菅井は「坂道グループの中では次女になると思うのですが、次女は気が強いと言われがちなんですけど、私たちメンバーはそんなことはないと思います…。でも、楽曲の強さや、メッセージ性の強さはすごくあるかなと思っているので、私たちはそれを精いっぱいお伝えできるように頑張りたいなと思っています」と。

 日向坂46の佐々木は「この場に立てていることだけでも光栄ですし、先輩たちに早く追いつけるようにというパフォーマンスさせていただいているんですけど。でもやっぱり、若いメンバーも多くて、センターの小坂菜緒も17歳ですし、デビューをさせていただいたばかりなので、フレッシュさでは負けないように頑張りたいと思います」と答えた。

 また、乃木坂46には3連覇について質問も。齋藤は「正直、2年連続で賞を頂けたことも、私たちは本当に大げさではなく、奇跡だと思っています。今、乃木坂46は、いろいろな動きがあるグループなので、どうやったら楽曲の良さが皆さんに伝わるのかとか。あと、メンバーがすごくグループのことが好きな人たちが集まっているので、グループの愛を伝えたり、メンバーと一緒にいられる時間を大切にしたいなと思っているので、30日もステージ来られないメンバーの分も気持ちを背負って、乃木坂46の愛をたくさん伝えられるようなステージになったらいいなと思っています」と語った。

 大賞が発表される12月30日は、東京・新国立劇場より4時間半の生放送。司会は昨年に引き続き、安住紳一郎アナ、土屋太鳳が務める。

『第61回 輝く!日本レコード大賞』
TBS系
12月30日(月)後5・30~10・00

<優秀作品賞>(曲名50音順)
「ECHO」Little Glee Monster
「片隅」三浦大知
「黒い羊」欅坂46
「サステナブル」AKB48
「純烈のハッピーバースデー」純烈
「Sing Out!」乃木坂46
「大丈夫」氷川きよし
「ドレミソラシド」日向坂46
「P.A.R.T.Y.~ユニバース・フェスティバル~」DA PUMP
「パプリカ」Foorin

<新人賞>(※50音順)
海蔵亮太
新浜レオン
BEYOOOOONDS
彩青

<特別賞>(※50音順)
菅田将暉
竹内まりや
米津玄師

<最優秀アルバム賞>
「9999」THE YELLOW MONKEY

<優秀アルバム賞>(※アルバム名50音順)
「いつか、その日が来る日まで…」矢沢永吉
「瞬間的シックスセンス」あいみょん
「Sympa」King Gnu
「美らさ愛さ」夏川りみ

<最優秀歌唱賞>
市川由紀乃

<作曲賞>
岩崎貴文
「限界突破×サバイバー」氷川きよし

<作詩賞>
石原信一
「最北シネマ」松原健之
「雪恋華」市川由紀乃

<編曲賞>
大橋卓弥/常田真太郎
「青春」スキマスイッチ

<企画賞>(※タイトル名50音順)
「GUNDAM SONG COVERS」森口博子
「大航海2020 ~恋より好きじゃ、ダメですか?ver.~」高田夏帆
「微吟」ちあきなおみ
「My Bouquet」伊藤蘭
「Love Covers」ジェジュン
「令和」ゴールデンボンバー

<日本作曲家協会選奨>
丘みどり

<功労賞>(※50音順)
金井克子
園まり
袴田宗孝
ビリー・バンバン

<特別功労賞>(※50音順)
有馬三恵子
内田裕也
千家和也
萩原健一

<特別音楽文化賞>
ジャニー喜多川

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える