• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

杉田かおるが『警視庁・捜査一課長2020』で約4年ぶりの地上波ドラマ出演

『警視庁・捜査一課長2020』

 杉田かおるが、4月23日(木)放送のテレビ朝日系『警視庁・捜査一課長2020』(後8・00)の第3話にゲスト出演する。

 内藤剛志演じるヒラ刑事からはい上がった“たたき上げ”の捜査一課長・大岩純一と捜査員たちの熱き奮闘を描く人気シリーズ。第3話では、“3割引き”のシールが貼られた遺体が見つかる事件が発生。被害者の警備員は近所でも有名なクレーマーで、事件当日も近所のスーパーマーケットに電話をかけていた。

 その電話に対応したのが、杉田演じるクレーム処理係の九条菊子。“お客様第一”が信念で、「お客様からの電話は“クレーム”ではなく、“貴重なご意見”です。私はそのご意見を一身に受け止めております」と自負する“謝罪のエキスパート”だ。しかし、菊子が昼休みの日課にしていた素振り用のバットがなくなっていると分かり、彼女に対する疑惑が深まっていく。

 2018年1月に実母をみとるまでの数年間、介護のため女優活動をセーブしていた杉田。地上波ドラマ出演は2016年7月放送のNHK『水族館ガール』以来、約4年ぶりとなる。

 杉田は「この『警視庁・捜査一課長2020』は“王道のドラマ”という感じで、すぐに現場を楽しむことができました。ふるさとに帰ってきた感じで、皆様、ブランクをこえて温かく迎えてくださって感謝しています」と感慨深げ。菊子には1年前にある出来事が起きるまで本部のマネージャーとしてバリバリ働いていたという過去があり、「第一線でキャリアを積んだ女性がトラブルに巻き込まれても一生懸命、乗り越えようとする姿に、少し自身の人生もだぶらせて役作りさせていただきました」と、自分自身を重ね合わせて演じたことを明かしている。

『警視庁・捜査一課長2020』

<杉田かおる(九条菊子 役)コメント>

◆地上波のドラマ出演は2016年7月放送のNHK『水族館ガール』以来、約4年ぶりですが、今回の撮影現場で感じたことは?

この『警視庁・捜査一課長2020』は“王道のドラマ”という感じで、すぐに現場を楽しむことができました。何かふるさとに帰ってきた感じで、皆様、ブランクをこえて温かく迎えてくださって感謝しています。

◆スーパーのクレーム処理係・九条菊子役を演じられましたが、演じる上で大切にされたところは?

第一線でキャリアを積んだ女性がトラブルに巻き込まれても一生懸命、乗り越えようとする姿に、少し自身の人生もだぶらせて役作りさせていただきました。

◆本作では、素振りのシーンもありました。杉田さんは以前、トーク番組で「小学生時代は素振り300回が日課だった」とお話しされていましたが、久々の素振りの感触はいかがでしたか?

私自身、小学生の時、野球部に少し入っていまして、たぶんフォームはいいのではないかと思います(笑)。初めの台本より設定が入って、だいぶ肉付けされているのではないかと期待しています。

◆主演・内藤剛志さんと久々に共演した感想は?

内藤さんと初めて共演させていただいたのは、今から約40年ほど前になります。NHKの水曜時代劇『壬生の恋歌』という番組です。作品に対する情熱をいつも語っていらして、素晴らしい俳優さんだなぁと、その当時から思っていました。それは今も変わりなく、“ピン”が張れる数少ない俳優さんだと思います。

◆久々のドラマ出演を楽しみにしている視聴者へのメッセージをお願いします。

子供の頃からマイペースにやってきましたが、五十代も半ばになり、当時憧れていた俳優さんたちと同年代の役を頂けるようになりました。ブランクを感じさせないよう、でも楽しみながら演じさせていただきました。おばちゃんになった杉田かおるも、どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える