• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

製作から37年、異常な傑作「アングスト/不安」が日本初公開

 各国で上映禁止が相次いだ1983年製作の実録スリラー「アングスト/不安」が、製作から37年を経て、7月3日(金)に日本初公開が決定した。

 1980年にオーストリアで実際に起きた、殺人鬼ヴェルナー・クニーセクによる一家惨殺事件が映画化されたのは1983年。「ANGST」として公開されたが、そのショッキングすぎる内容から本国オーストリアでは1週間で上映打ち切りに。

 ヨーロッパでも上映禁止が相次ぎ、イギリスとドイツではビデオの発売も禁止。アメリカではXXX指定を受けて配給会社が逃げたという。日本でも劇場公開はされず、1988年に「鮮血と絶叫のメロディー/引き裂かれた夜」というタイトルでのレンタル用VHSが発売されるのみにとどまった。

 そんな“いわくつきの傑作”が、「アングスト/不安」の邦題で日本初公開。アーウィン・レダー扮する殺人鬼K.が目も口も大きく広げ、暗闇で何かを叫ぶ顔をアップで捉えたチラシビジュアルも解禁された。この日本オリジナルのビジュアルをジェラルド・カーグル監督も特に色合いを絶賛し、「素晴らしい。見事だ」と語っている。

「アングスト/不安」(1983年・オーストラリア)
7月3日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開
監督:ジェラルド・カーグル
撮影・編集:ズビグニェフ・リプチンスキ
音楽:クラウス・シュルツ
出演:アーウィン・レダー、シルヴィア・ラベンレイター、エディット・ロゼット、ルドルフ・ゲッツ
提供:キングレコード 配給・宣伝:アンプラグド

©1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真

タグ