• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

俳優ジョナ・ヒル初監督映画「mid90s」ティザービジュアル第2弾&シーン写真公開

 俳優のジョナ・ヒルが初監督を務めた「mid90s ミッドナインティーズ」が、9月4日(金)に全国公開決定。それに伴い、ティザービジュアル第2弾とシーン写真が公開された。

 同映画は、2度のオスカーノミネートを果たし「ウルフ・オブ・ウォールストリート」「マネーボール」「21ジャンプストリート」などにも出演した俳優のジョナ・ヒルが初監督を務めた作品。

 作品の舞台は、90年代のロサンゼルス。シングルマザー家庭に育った13歳の少年スティーヴィー(サニー・スリッチ)が、スケートボードを通してかけがえのない仲間たちと出会い、子どもから大人への扉を開いていくという、ジョナ・ヒル自身の半自伝的な10代の想い出をもとに作り上げられた青春ストーリーだ。

 タッグを組んだのは、日本での「ミッドサマー」の大ヒットも記憶に新しく、「レディ・バード」「ムーンライト」などアカデミー賞の候補作を続々と送り出すなど、世界中の映画好きから注目されている映画スタジオA24。

 90年代への愛情と夢をたっぷりに描いた10代の少年たちの成長物語は、ナショナル・ボード・オブ・レビューのトップ10インディペンデント映画にも選出され、全米4館からスタートしたにも関わらず、1200スクリーン超まで拡大するなど話題を呼んだ。

 今回公開された第2弾ティザービジュアルは、スティーヴィーが仲間たちとともにまっすぐ前を見つめるシーンを切り取ったもの。「君と出会って、僕は僕になった」というキャッチコピーとともに、迷い、立ち止まりながらも大切な仲間を見つけることができた彼の晴れやかな心情と、その明るい未来を予見するようなビジュアルとなっている。

 また、シーン写真も4点公開された。反抗しながらも離れられない兄(ルーカス・ヘッジズ)と一緒にスティーヴィーがゲームをする姿や、放課後に同級生たちとともにスケートボードに夢中になっている姿など、10代ならではのかけがえのない日常を過ごす様子が垣間見られる。

<作品情報>
『mid90s ミッドナインティーズ』
2020年9月4日(金)新宿ピカデリー、渋谷ホワイトシネクイントほか全国ロードショー

監督・脚本:ジョナ・ヒル
製作総指揮:スコット・ロバートソン、アレックスG・スコット
製作:イーライ・ブッシュ
音楽:トレント・レズナー、アッティカ・ロス
出演:サニー・スリッチ、キャサリン・ウォーターストン、ルーカス・ヘッジズ、ナケル・スミス

公式HP:http://www.transformer.co.jp/m/mid90s/

配給:トランスフォーマー

© 2018 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える