• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

政治難民の少年がチェス王者に 映画「ファヒム パリが見た奇跡」8・14公開

 フランスで起きた実話を基にしたヒューマンドラマ「Fahim」が、「ファヒム パリが見た奇跡」の邦題で8月14日(金)から全国公開。

 わずか8歳で見ず知らずの街で生きることになったファヒムが、“チェス”という共通項を通してさまざまな人と出会い、信じ合うことでその才能が花開き、目標に向かってひたむきに生きる姿を描く。

 監督は、俳優としても活躍するピエール=フランソワ・マルタン=ラヴァル。チェスの天才少年ファヒム役のアサド・アーメッドは今作が演技初挑戦。ファヒムの才能を見出すチェスコーチ・シルヴァンを、フランスが誇る名優・ジェラール・ドパルデューが演じる。

 公開決定に合わせて、ファヒムがシルヴァンとチェスを交わす様子など、シーン写真3点も解禁された。

「ファヒム パリが見た奇跡」
2020年8月14日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開
監督:ピエール=フランソワ・マルタン=ラヴァル 出演:ジェラール・ドパルデュー、アサド・アーメッド、ミザヌル ラハマン、イザベル・ナンティ 後援:在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本、ユニフランス 
提供:東京テアトル、東北新社
配給:東京テアトル/STAR CHANNEL MOVIES

<ストーリー>
 少年ファヒムと父親は母国バングラデシュを追われ、家族を残してパリにやってくる。フランスに到着してすぐ、強制送還の可能性に怯えながら、亡命者として政治的保護を求める戦いが始まる。
 そんな中、チェスの才能を持つファヒムはフランス国内で最も優秀なチェスのコーチの1人、シルヴァンに出会う。警戒心と魅力の間で揺れ動きながら、彼らは互いを知り、次第に友情を築いていくが、チェスのフランスの国内大会が始まる一方でファヒムは強制送還の脅威にさらされる。解決策はただ1つ。フランス王者になることだった。

©POLO-EDDY BRIÉRE.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える