ティモシー・シャラメ主演「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」新場面写真を解禁 | TV LIFE web

ティモシー・シャラメ主演「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」新場面写真を解禁

エンタメ総合
2020年06月02日

 ウディ・アレン監督の最新作「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」が、7月3日(金)より公開する。それに伴い、新たに場面写真が解禁された。

 本作にはティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメスという現代を代表するアイコニックな人気俳優たちが集結。ニューヨークの街で運命のいたずらに翻弄される男女の、キュートなロマンチック・コメディとなっている。

 本作のメガホンを取ったのは、これまでにニューヨークを舞台に数々の作品を発表してきた巨匠ウディ・アレン監督。古きよきアメリカの風情が残るニューヨークへの、ラブレターの集大成とも言える作品だ。

 ジュード・ロウ、ディエゴ・ルナ、リーヴ・シュレイバーなど実力派俳優が脇を固めており、SNS上では「ティモシー・シャラメ×エル・ファニングに周りを固めるキャストも強い」などの声も上がっている。

 さらに、「ウディ・アレンのモダンジャズの世界に、ティモシー・シャラメが出てくるのが楽しみで仕方ない」「映画館でピアノを弾き歌うティモシー・シャラメを拝めるだなんて…」と本作ならではのティモシーの姿に早くも期待の声があがっている中で、今回新たな場面写真が5点解禁された。

 本作では、小さなヤードレー大学に通い、モラトリアム真っ只中で、懐古主義の主人公ギャツビーを演じるティモシー。この度、解禁された新場面写真では、ラルフローレンの茶色の定番ジャケットをさらりと着こなし、今時では少し珍しい、シガレットホルダーでタバコを嗜む姿が印象的だ。

 ほかにも、中年グループ相手にも臆せず、ポーカーに勤しむシーン。ウディ・アレン監督も常連客として足を運んでいるホテル、“カーライル”にあるベメルマンズ・バーでピアノを弾く姿。こなれた様子でスマホ片手に、ひとりグラスで呑んでいる場面が切り取られている。

 懐かしの古き良きニューヨーカーの姿には、ウディ監督だからこそ描けるニューヨークへの愛が込められている。

<動画>
■日本版予告60秒映像

<作品情報>
「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」
2020年7月3日(金) 新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開

監督・脚本:ウディ・アレン
出演:ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメス
ジュード・ロウ、ディエゴ・ルナ、リーヴ・シュレイバー
配給:ロングライド

<WEB>
公式サイト:https://longride.jp/rdiny/

©2019 Gravier Productions, Inc.
Photography by Jessica Miglio ©2019 Gravier Productions, Inc.