相葉雅紀「新しいホラーの形」映画「“それ”がいる森」特別メイキング映像解禁 ムビチケカードの発売も決定

映画
2022年06月29日
©2022「“それ”がいる森」製作委員会

9月30日(金)に公開される相葉雅紀主演映画「“それ”がいる森」より、特別メイキング映像が解禁。さらにムビチケカードの発売も決定した。

本作は、不可解な怪奇現象が多発するという実在の森を舞台に、実際に数々の“それ”を見たという目撃情報をベースに描かれるホラーエンターテインメント。主演の相葉雅紀演じる田舎で農家を営む田中淳一たちが、得体の知れない“それ”に遭遇するという未知の恐怖を描く。

監督は、ジャパニーズ・ホラーの代名詞であり、ハリウッドでリメイクもされた不朽の名作「リング」、2000年代興行収入No.1ヒットホラー映画「事故物件 恐い間取り」など、数々のヒット作を生み出してきたジャパニーズ・ホラー界の名匠・中田秀夫が務める。

このたび、出演キャストのコメントを含む特別メイキング映像が解禁された。ノイズとともに「ある日、森の中、XXXXに出会った。」の文字が浮かび、怪しげな雰囲気で始まる映像。本作についてキャストがコメントする場面では、相葉の「今までのジャパニーズホラーとは違った新しいホラーの形」という言葉に続き、松本穂香も「ホラーはホラーでもちょっと違う」と、全く新しいホラー作品になっていると次々に言葉をそろえる。江口のりこは、現場の様子も含めて「(映画全編に)不穏な空気が漂っている」と語り、監督の中田秀夫も「今回ほど考えてチャレンジした作品は無い」とコメントするなど、過去前例の無い新たな挑戦に、熟考を重ねて挑んだ様子がうかがえる。

最後に相葉が笑みと共に「恐いですよね」と語るシーンは印象的で、“それ”との遭遇についての注意喚起もされ、不気味な余韻が漂うまま映像は終了。実在の森が舞台となっている本作の、恐怖が身近に潜んでいることも伝えられているこの映像は、7月8日(金)より松⽵系劇場の幕間にて上映予定だ。

また、数量限定で、オリジナルクリアファイルが特典で付くムビチケカードが発売決定。7月15日(金)より劇場窓口・チケットぴあ通販にて販売される。特典のクリアファイルには、今回初出しとなる限定ビジュアルが起用されており、“それ”と出会う前の相葉の姿が描かれている。

特別メイキング映像

ムビチケ発売情報

2022年7月15日(金)発売
価格:1500円(税込)
特典:オリジナルクリアファイル(A4サイズ・1種)

<発売方法>
【映画館窓口】
2022年7月15日(金)全国の上映劇場(⼀部除く)にて劇場OPEN~販売
【通販・オンライン】※各購入先ページは、7月初旬ごろオープン予定。
・ムビチケカード通信販売:2022年7月15日(金)午前11時~発売開始(https://w.pia.jp/t/soregairumori/
・ムビチケ前売券(オンライン):2022年7月15日(金)午前0時~発売開始(https://mvtk.jp/Film/077134

※購入制限:映画館窓口&ムビチケカード通信販売/1会計2枚まで、ムビチケ前売り券(オンライン)/1会計10枚まで。

作品情報

「“それ”がいる森」
2022年9月30日(金)全国公開

出演:相葉雅紀、松本穂香、上原剣心(ジャニーズJr.)、江口のりこ ほか

監督:中田秀夫(「リング」「スマホを落としただけなのに」「事故物件 恐い間取り」)
脚本:ブラジリィー・アン・山田、大石哲也
企画・配給:松竹
制作プロダクション:松竹撮影所

公式HP:https://movies.shochiku.co.jp/soregairumori/
公式Twitter&Instagram:@soregairumori

©2022「“それ”がいる森」製作委員会