宇垣美里、ハライチ、小島瑠璃子がモフモフに渾身の吹き替え『どうぶつのキモチがわかる森』8・22放送 | TV LIFE web

宇垣美里、ハライチ、小島瑠璃子がモフモフに渾身の吹き替え『どうぶつのキモチがわかる森』8・22放送

バラエティ
2020年08月22日

どうぶつのキモチがわかる森

ブラックマヨネーズがMCを務める『~モフモフ好きの楽園~どうぶつのキモチがわかる森』(テレビ東京ほか)が、8月22日(土)に放送。

イヌ、ネコ、ウサギ、サル、クマ、ヒヨコ、レッサーパンダ、ミーアキャットなど、“モフモフ”と呼ばれるかわいい動物たち。そんなモフモフが大好きな宇垣美里、ハライチ、小島瑠璃子をゲストに、世界中から集めた激カワ映像から「どうぶつのキモチ」を想像し、即興で吹き替えをするバラエティ。モフモフ好き代表のブラマヨ・吉田敬、それほど好きではない小杉竜一が、その内容に“スッキリ”したか“モヤモヤ”したかをジャッジする。

子トラに乳を与えるブタ、鳥を抱き締める犬などモフモフたちの可愛い映像のオンパレードに、ゲストたちが「脳が溶けちゃった…何も残ってない」(小島)、「VTR中に糸が切れた」(澤部)と、ヘトヘトになりながら渾身の吹き替えを繰り出していく。

どうぶつのキモチがわかる森

その他、かつて一世を風靡したスター動物の現在を調査した「あのモフは今!?」、レベルの違うモフ好きを取材した「やり過ぎモフ伝説」、「名曲×モフモフSPコラボ」なども。

ブラックマヨネーズ(小杉竜一・吉田敬)コメント

◆収録の感想は?

小杉:モフの癒しと出演メンバーたちの気持ちが乗っかった、すごい化学反応を起こした番組だと思います。僕はあまりモフ好きではないという立場で見たんですけど、そんな人間にも刺さりましたね、だいぶ。モフの良さと、モフを愛する人間の熱さも伝わりました。

吉田:動物出てる番組、結構⾒るんですけど、見たことない映像ばっかりで新鮮でした。ありがたかったです。

◆どんなところが印象に残りましたか?

小杉:モフの気持ちを代弁するっていうシーンが所々あるんですけど、その時のみんな…死にそうな顔してました。甲乙つけがたいくらい、みんなヘトヘトになってました。全員がかなり飛ばしてましたから。元アナウンサーさん、タレントさん、芸人という垣根を超えた、動物というか…もがきを⾒させていただきました。動物としても生きてるんだなっていう…。その辺も踏まえて、決して事前に用意したわけじゃない、その場で考えて喋っているみんなのソウルを見てほしいですね。

吉田:それがなかったら、あーかわいいなとか、そこだけに意識集中して見れたんですけど…あるにしても多かったですね。

小杉:なので皆さん、モフの映像を結構忘れるんですね。いつくるかと思いながら映像見て、自分のコメント終わった瞬間、「はぁ~」ってなってるから。「あー終わった」で感想終わってるんです。だから、振り返った時に印象に残った映像が出てこないんですけど。

吉田:特に前後のはもう…記憶から飛んでますよね。当分俺じゃないやろなって時のは覚えてるんですけど、その予想も難しいし。でも、賢い動物多いなってのは覚えてますね。犬と猫で助け合うとか…。あと、トラが!ブタのお母さんのお乳を飲んでるっていうね。トラからしたらブタって、ごちそうじゃないですか。でも、そんなんを超えた信頼関係というか…しかもその母ブタ、デカかった!あれ、メガ豚いう特殊なやつちゃうの?月刊ムーとかに載りそうなくらいでかかったもん。

◆番組の見どころ、視聴者へのメッセージをお願いします!

小杉:今まで見たことのないようなかわいいモフの映像や、いろんなタレントさんが気持ちを代弁したコメントなど、何倍も楽しめる番組になっていますので、ぜひご覧ください!

吉田:宇垣さんの意外な⼀面とかね。

小杉:あっ!そうですね。

吉田:宇垣さんがどういう女性か分かってもらえると思います(笑)。あと、澤部がめちゃくちゃ頑張ってます。

小杉:鉄腕ぶりを見てもらいたいと思います。

番組情報

『~モフモフ好きの楽園~どうぶつのキモチがわかる森』
テレビ東京ほか
2020年8月22日(土)後6・30~8・54

出演:ブラックマヨネーズ(小杉竜一、吉田敬)、宇垣美里、小島瑠璃子、ハライチ(岩井勇気・澤部佑)

©テレビ東京