• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

神ボディユニット“ダブル・レ・モンモン”結成!川村エミコ×片山萌美MVをWEB公開中

104664_01_R たんぽぽの川村エミコと片山萌美による歌って踊れる神ボディユニット“ダブル・レ・モンモン”の「-196℃ ストロングゼロ」ミュージックビデオ「果汁と果実まるGOD!!」がWEB限定公開中。これを記念して、「ダブル・レ・モンモン」の2人よりコメントが到着した。

「-196℃ ストロングゼロ」のプロモーションとして、ウエンツ瑛士と天海祐希のTV-CM、篠原信一によるWEB限定スペシャルムービーに続く第3弾となる本MV。たんぽぽの川村とグラビアアイドル・片山が神ボディを生かして、ユニット“ダブル・レ・モンモン”を結成。初公開となるMVでは、レモンをモチーフにしたセクシーな衣装を身にまとった川村と片山が、“モンモン モンモンモン モンモンモンモーン♪”と繰り返すくせになるような歌詞とメロディーに合わせ、パパイヤ鈴木が振付したキャッチーなダンスを披露する。さらにMV中に流れる歌は、“ダブル・レ・モンモン”自らが歌っており、注目のラップのパートでは「汝あがめよ神々の谷間に」「あたしのバイブス天まで届け」といった、印象的な歌詞も。

撮影が始まると、ダンスが得意でない川村と片山が回転するダンス台に大苦戦し、「ごめんなさい!!」とNG連発。また、片山の「川村さんに実際にお会いしてみるととてもかわいらしくて、 歌っている声までもかわいいって本当に思いました!マネジャーにも言ったくらい!」というコメントに対し、川村が「ちょっと聞き捨てならないな!じゃあ、あたしの顔になってもいい?毎日」と猛反発するひと幕も。このあと、そっぽを向きながら「嫌だ!」と言う片山と「ほらー。そういうところよ!ちょっとあたしやっていけないかも!」とユニット解散の危機!?をほのめかす川村のコミカルな掛け合いが見られたそう。

このミュージックビデオは、特設WEBサイト「さわれるCM(http://sawareru.cm)」でも視聴可能。

【川村エミコ&片山萌美インタビュー】
◆今回のムービーに出演してみてどうでしたか?
川村:レモンになれるって聞いてどういうことだろうって思っていたら、こんなに素敵な衣装でこのHカップの“ハピネスカップ”をやっと活用できる時が来たと思い、本当に嬉しく思います。

◆衣装が刺激的ですが着用してみていかがですか?
片山:全部かわいい。黄色はパワーがある色だからテンションが上がります。手袋も特注で、手が大きくて普段なかなかあうサイズがないのでお気に入りです。

◆撮影で大変だったシーンは?
川村:リズム感が人と違うので、リズムの取り方に苦戦しました。片山さんと私に対してのスタッフの接し方が違い、私にも粘って!優しくしてほしい!と思いました。男の人ってほんと分かりやすいなと勉強になりました。
片山:それは川村さんの表情が良かったから、それだけで済んだのだと思います!

◆今回の撮影のために準備したことはありますか?
片山:やはりダンスです!くびれを常に意識して、フラフープの量をちょっと増やしていました。
川村:私もフラフープをしていたのですが、表情を色っぽくしなければいけないと聞いていて、なれない中で、時間をかけて練習しました。

◆ここは注目してほしいというポイントはありますか?
片山:今回初めてラップ調の歌を歌ったのですが、意外と上手と褒めていただきました。 「本当にGODめんなさい」というフレーズを是非聞いていただきたいです。
川村:腰がかがんでる時の胸の揺れ。顔じゃなくて胸。ぜひこんなに揺れる!というところを見ていただきたいです。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える