• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

福原遥の初主演映画「女々演」沖縄国際映画祭で上演決定 共演は玉城ティナ、NMB48・矢倉楓子ら

映画「女々演」 福原遥の映画初主演作となる「女々演」が、4月20日(木)~23日(日)に行われる「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」で「TV DIRECTOR’S MOVIE」部門作品として上映されることが決定した。

 本作は、郊外の県立高校の演劇部を舞台にした物語。福原が主人公・本庄沙彩役で映画初主演を果たし、玉城ティナ、矢倉楓子(NMB48)、小野花梨、齊藤美咲と演劇部の仲良し5人組を演じる。さらに、演劇部の顧問・黒田に秋山竜次(ロバート)、購買のおじさんに橋爪功と豪華キャスト陣が脇を固める。

<福原遥コメント>

「このたび、映画“女々演”で、初めて映画の主演を務めさせていただきます。ずっと目標の1つでもあったので、本当にうれしいです。私が演じる沙彩は、自分とは真逆の女の子だったので初め不安が多くありましたが、今はどう見ていただけるか楽しみでいっぱいです。この作品は、SNSが発達している今の時代の学生にしかない感情や、独特の空気感、仲間同士の関係性、『あ~、こんな子いたな』と思えるような、思春期の女の子の“面倒くささ”がリアルで生々しく描かれた作品になっています。監督、キャストのみんなで、何度も話し合い、短い時間の中で、1つひとつ丁寧に作り上げました。女の子同士のぶつかり合いをどうぞお楽しみに!」

「女々演」
4月20日(木)~23日(日)「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」(www.oimf.jp)にて上映
2017年末~2018年初頭 劇場公開予定

<キャスト>
福原遥、玉城ティナ、矢倉楓子(NMB48)、小野花梨、齊藤美咲、福山康平、秋山竜次(ロバート)、橋爪功

<スタッフ>
脚本:神森万里江(『ラヴソング』、『世にも奇妙な物語』など)
監督:髙野舞(フジテレビ 第一制作センター/『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『昼顔』など)
音楽:Goodbye holiday

プロデュース:
高田雄貴(フジテレビ 第一制作センター/『Chef~三ツ星の給食~』、『テディ・ゴー!』など)
沖本翔子
前田茂司(映画「土竜の唄」、映画「無限の住人」など)
山村淳史(映画「ガチバン」シリーズ、映画「TRASH」など)

製作:吉本興業
制作:フジテレビジョン、KATSU-do
制作協力:楽映舎、T-REX FILM

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える