• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「清水富美加ちゃんの雰囲気を意識して…」『シブヤノオト』今年度MCは徳井義実と渡辺直美がタッグ

シブヤノオト 昨年度からNHK総合にて不定期放送中の音楽番組『シブヤノオト』が、今年度からリニューアル。今年度初回となる4月23日(日)放送回の収録を終えたMCの徳井義実と渡辺直美が取材会に出席した。

 同番組は、若い世代の視聴者をメインターゲットに最先端の音楽と情報を文化の発信地点・渋谷から届ける音楽番組。不定期放送で昨年は8回放送した。徳井は昨年度からMCを続投。渡辺は昨年度、同番組放送中にインターネット配信される「Sトーク」に出演していたほか、前年度MC・清水富美加の代役を務めるなどしたが、本放送での正式なMCは今回が初となる。

 初回収録を終えた2人は、「今までは生放送でしたが、生放送のときのグルーヴ感を失わずに収録できた気がします。勢いがあって楽しかったです」(徳井)、「今まではゲストの方が入れ替わりでのトークでしたが、今回から全アーティストの方がそろって、クロストークみたいになっていたのが新しいなと思いました」(渡辺)とそれぞれ手応えを語った。

 これまで何度も共に仕事をこなしてきた2人だが、「こんなにガッツリ並んでしゃべることはないから新鮮」と徳井。しかし、共に人見知りという共通点があるらしく、徳井は「お互いがちゃんと個人空間を守って接しているので、すごく接しやすいです」と笑った。渡辺も徳井の話に笑いながら大きくうなずき、「私たちの声があまりにも暗くて、スタッフの方から“声もうちょい高めで”ってゲストの皆さんの前で指示があったのが恥ずかしくて(笑)。今回はゲストの方に人見知りだってバレてしまったので、これからはバレないように楽しくやっていきたい」と意気込んだ。

 前年度MC・清水の空気感を絶賛する渡辺は、その雰囲気を意識した司会を心掛けていると言い、「富美加ちゃん寄りのふんわりした雰囲気を意識しています。吉本らしさは一切消していきたい(笑)」とアピール。そんな渡辺について「正直“富美加感”は全く感じなかったです」と断言した徳井だったが、「直美ちゃんがもともと持ってる、柔らかくて“芸人芸人していない感じ”が(番組に)合ってるなと思いました。楽ですね」と太鼓判を押していた。

 23日の放送にはJY、高橋優、never young beach、三浦大知、屋比久知奈らがゲストに登場。さらに、人気俳優らが音楽にまつわるトークを展開する「セレブノオト」コーナーに俳優の高橋一生が特別出演する。

 渡辺は高橋について「すごく素敵な声。完全にほれる」と話し、高橋の実の弟がnever young beachのボーカル・安部勇磨ということで「安部君もめちゃくちゃいい声で歌ってらっしゃるので、兄弟だなって」としみじみ。徳井も収録を振り返り「兄弟そろって、自分というものをしっかり持ってらっしゃる感じです。そしてそれが本番でも一切ブレない!」と絶賛していた。

「セレブノオト」に今後呼びたいゲストについて聞かれると、「海外系の方に来てほしい…」と悩む渡辺。すると、すかさず徳井が「イヴァンカさんいく?」と米トランプ大統領の娘であるイヴァンカ・トランプを提案し、「それ本物のセレブですから(笑)」と大爆笑の渡辺。続けて徳井がビヨンセを提案すると、「ビヨンセに聞けるなら、もう行きますよ! ビヨンセが普段どういう音楽聞いているのか、たまにはそっちのほうも面白いと思います」とノリノリだった。

 呼びたいゲストは「イヴァンカ」一点張りの徳井だったが、最後に「大河ドラマに出られている方で、普段はバラエティに出ない人にも出てほしいです。大河をやってる局だからこそのパワーをフルに使ってほしい(笑)」と本音でアピール。渡辺も「柴咲コウさんにも来てほしいです!」と“おんな城主”に参戦を呼びかけた。

『シブヤノオト』は、NHK総合にて4月23日(日)後5・00より放送。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える