• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

次期大河『西郷どん』に北川景子、沢村一樹、高梨臨、斉藤由貴らが出演決定

西郷どん

 2018年の大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合)の追加キャストが発表され、主演の鈴木亮平のほか、新たに出演が発表された北川景子、高橋光臣、堀井新太、高梨臨、沢村一樹、斉藤由貴、小柳ルミ子、鹿賀丈史が会見に出席した。

 今回、発表されたキャストは9人。西郷との間で淡い恋が生まれる後の篤姫・於一を北川、西郷を慕いながらも時には対立する有村俊斎を高橋、西郷を兄のように慕う仲間・村田新八を堀井、西郷に心を寄せる貧しい農民の娘・ふきを高梨、薩摩藩の重臣で西郷のよき相談相手・赤山靭負を沢村、於一の教育係・幾島を斉藤、薩摩藩主・島津斉興を鹿賀、斉興の側室・由羅を小柳が演じる。会見は欠席となったが、北村有起哉が西郷の先輩で後に知事となる大山格之助を演じることも発表された。

 大河ドラマ初出演となる北川は、やや緊張の面持ちで「いつか出演したいと目標にしていた大河ドラマに携わることができ、そしてすてきな皆さんとすてきな作品でご一緒でき、とても光栄です。それと同時にとても身の引き締まる思いです」と喜びのコメントを。演じる於一については「非常に強く、精神的に自立した女性。これまで先輩方が演じてこられた篤姫や史実を勉強しつつ、中園(ミホ)先生のオリジナリティを大切にしながら一生懸命務めていきたい」と意気込んだ。

 同じく大河ドラマ初出演の高梨は、「大変光栄に思っています。鈴木さん、脚本の中園さんとは『花子とアン』以来になります。ふきはオリジナルキャラクターということで、ふきがどう成長していくのか、脚本をとても楽しみにしています」と、再タッグを喜んだ。

 物語の舞台となる薩摩(鹿児島県)出身の沢村一樹は「この中で唯一薩摩出身なので、鹿児島弁にはあまり苦労せず、皆さんよりは少しハードル低く入らせていただけると思います」とニヤリ。地元ではよく「『西郷どん』出ないの?」と尋ねられていたそうで、「聞かれるたびに『出たいんだけどね、どうなるんだろうね』とごまかしていましたが、やっと『出ます!』と大きい声で言えるので、本当にこの場に立てたことをうれしく思います!」と喜びを噛み締めていた。

 主演の鈴木は、そんな沢村から「薩摩弁やってる?今からやっとかなきゃやばいよ~」とプレッシャーをかけられていることを笑って明かし、「実は大学で言語学を専攻していたので、言葉がすごく好きで大事にしています。方言にも妥協せず、演技の前にある大きなハードルとして乗り越えていきたいです」と意気込んだ。やる気十分の鈴木に沢村も「こっちに上京してきてる友人たちと、鈴木君を囲む会を何度か催して、生の鹿児島弁を叩き込んでやろうかな(笑)。きっと、それを吸収するスピードもすごく早いと思います」と気遣いを見せていた。

 最後は鈴木「大きなことというのは、絶対に1人では動かないものだと、歴史を勉強していて感じています。みんなの感情が高まり、それが1つになったときに大きな事件が起こるものだと。みんながみんな1つの方向を向いて、それが爆発するような、明治維新のようなドラマにしたい」と熱いコメントで会見を締めた。

 大河ドラマ『西郷どん』は、2018年1月スタート。明治維新のヒーローとして幕末に活躍した薩摩藩士・西郷吉之助を主人公に、勇気と実行力で時代を切り開いた“愛にあふれたリーダー”として西郷の生涯がエネルギッシュに描かれる。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える