• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

釈由美子が謎めいた女将に 相葉雅紀主演『貴族探偵』第4話にゲスト出演

『貴族探偵』 相葉雅紀主演『貴族探偵』第4話(5月8日放送)に釈由美子が出演することが決定した。

 釈が演じるのは、事件の舞台となる老舗温泉旅館の女将・浜梨久仁子。釈は「ドラマのお話をいただいた時に、ちょうど1話のオンエアを拝見して、とてもインパクトが強いドラマだなと感じ、そんな世界に自分が参加できるということにすごくワクワクしました。今回、私が演じさせていただくのは、かなり謎めいた女将で、演じる際には監督からも緩んだ表情や笑顔を見せないように言われています。周りの皆さんが演じるキャラクターがそれぞれぶっ飛んでいるので、それに引きずられず、女将のおどろおどろしさが伝わるように演じたいと思います」と意気込みを。

 相葉との共演については「これまでバラエティーではご一緒したことがあったのですが、今回、ドラマでは初めてとなり、相葉さんが貴族の衣装を着られて、貴族の世界に入られ、貴族を演じられている姿を見た時は、率直に“あ、貴族様だ”と思いました。貴族のオーラを感じましたね」と。

 また「監督から、私が出ると“一瞬で犯人っぽい匂いがする”と言われたのですが、女将が怪しいのでは? という目線で見ながらも、第4話は、これまでで一番おどろおどろしい『貴族探偵』になると思いますので、そこを楽しんでいただければなと思います」と見どころを語った。

<第4話ストーリー>

とあるアイドルが恋人との不仲を苦に自殺してしまうというショッキングな出来事が発生。アイドルのファンが逆恨みをし、報復をするためアイドルの恋人の居住地を探してほしいと、新米探偵・高徳愛香(武井咲)の元を訪れるが、そんな依頼は受けられないと愛香は断る。ファンと入れ違うように、愛香のクライアントで、日本有数の財閥令嬢である玉村依子(木南晴夏)が来訪し、有名な温泉旅館に一緒に行こうと愛香を誘う。そこは、人里離れた山奥にある「浜梨館」という名の温泉旅館。愛香は8代目となる宿の女将・久仁子(釈)から、“いづな様”と呼ばれる狐の神様の話を聞かされる。「浜梨館」では、江戸時代から“いづな様”を祭っており、“いづな様”のおかげで「浜梨館」だけが盛況であったこと、また月に一度、浜梨家の者が儀式を開き、そこで“いづな様”に祈祷すれば、どんな願いこともかなうと言われていることを聞く愛香。そして当日は、その儀式の日が行われる日だった。愛香と依子が久仁子の案内で儀式が開かれる間に着くと、貴族探偵(相葉雅紀)が、大手商社の重役の娘・香苗を連れてフラリと姿を現す。香苗が“いづな様”の儀式に参加したいと言い、エスコートで来たのだという。あきれかえる愛香を尻目に、儀式は滞りなく終了。しかし翌日、儀式に参加していた男性の遺体が浴室で見つかる。何者かに頭部を殴打され殺害されたのは明らかで、参加者からは“いづな様”の祟りだ、という声が上がる。

『貴族探偵』
フジテレビ系
毎週月曜午後9時放送
第4話・5月8日放送

<出演者>
相葉雅紀 武井咲 生瀬勝久/木南晴夏 田中道子 岡山天音・井川遥・仲間由紀恵(特別出演) / 滝藤賢一 中山美穂 松重豊
第4話:釈由美子

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える