• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

山口紗弥加が愛欲に溺れる!? 5・26放送『女囚セブン』から“禁断ショット”公開

『女囚セブン』 剛力彩芽が主演を務めるテレビ朝日系連続ドラマ『女囚セブン』(毎週(金)後11・15ほか)。本日5月26日放送の第6話から、政治秘書だった女囚を演じている山口紗弥加の“禁断ショット”が公開された。

 ドラマは、女子刑務所を舞台にした異色の群像コメディ。剛力が無実ながら殺人の罪をかぶった謎多き京都の芸妓・琴音に扮し、山口、トリンドル玲奈、平岩紙、橋本マナミ、木野花、安達祐実演じるアクの強い女囚たちと激しいバトルを繰り広げる。

 山口は、政治資金規正法違反及び詐欺罪で服役中の司役。しぐさや言葉遣いが宝塚の男役のようにかっこいいことから、あだ名は「ヅカ」。政治秘書を務めていただけあって政界の事情に精通し、頭もキレる司だが、自らの過去について多くを語ってこなかったため、その素性は謎に包まれていた。

 第6話では、仮出所が近づく司の元に、秘書時代に仕えていた女性議員の高見沢(中谷さとみ)が面会に訪れる。実は司は高見沢と“ただならぬ仲”にあり、罪を犯して刑務所に入ったのも愛と志を共にする彼女のためだった。崇め奉るかのように高見沢に心酔し、どこまでも尽くそうとする司。しかし、高見沢には司も知らないもう一つの顔があって…。

 高見沢との誓いを実現するため、出所後も再び彼女の元へ戻ろうとする司に琴音はどんな言葉をかけるのか。最終章へと向かいつつある本作の重要なターニングポイントとしても、見逃せない放送回となっている。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える