• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

森脇健児、マスコミに囲まれ大興奮「『夢がMORI MORI』以来」

森脇健児 6月9日(金)公開の映画『パトリオット・デイ』のトークイベントにタレントの森脇健児が登壇した。

 本作は、2013年4月15日に起こった「ボストンマラソン爆弾テロ事件」の犯人特定から逮捕までの驚くべき事件の裏側を描いた実録サスペンスドラマ。ボストン警察、FBIはもちろん、ボストンの一般市民ら“知られざる英雄たち”が全員一丸となってテロリストに立ち向かい、わずか102時間という短期間での犯人逮捕にいたるまでを描いた感動作だ。

 森脇は、映画にちなんで主人公の警官の衣装で登場。「芸能界はこういった人に捕まっている人がいるけど自分はこっち(警官)側なんで」と話しつつ、「こんなにマスコミに撮られるのは『夢がMORI MORI』以来です」と冒頭から大はしゃぎ。

 実は映画好きで、月に10本見ているという森脇は、「『ジョーズ』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『蒲田行進曲』『ロッキー』に次ぐ生涯ベスト第5位に入る」ほど本作を気に入ったという。そのポイントを「恐怖!勇気!感動!」と熱弁すると、前日に後輩芸人のますだおかだ・増田英彦から「コメントは短めに」というアドバイスをもらったことを明かした。

 また、「ランナー目線で観ていると、マラソン大会にこんなに警備の人がいて、応援もいて支えられていることに感謝したし、事件のことはあまり記憶に残っていなかったので、ドキドキしながら見た」「スターなんていらない、みんなでヒーローになろうという映画だと思った」と感想を語った。

 そして、映画のキャッチコピー「最大の危機は、最大の奇跡を生む――」にちなみ、森脇は人生の最大の危機として「30歳の時に12本のレギュラーがすべて無くなり、京都に帰って収入が100分の1になったこと」を挙げ、当時を振り返って「その頃の自分は、甘え、横柄で横着、愚痴っぽいのに勉強不足という最低野郎だった、自業自得だった」と反省。一方、人生最大の奇跡は、「今こうしてマスコミの前に立っているということ」と感慨深げに話した。

<ストーリー>
2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォールバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。突如、群衆のまっただ中で大爆発が起こり、歓声は悲鳴に変わる。到着したFBIのリック(ケヴィン・ベーコン)は現場を見ると「これはテロだ」と断言。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する。彼らの犯行と思われる市民の拉致事件と市街での銃撃戦まで勃発、市長は異例の措置で街を完全に封鎖する―――。

映画『パトリオット・デイ』
6月9日(金)公開

出演:マーク・ウォールバーグ、ケヴィン・ベーコン、ジョン・グッドマン、J・K・シモンズ、ミシェル・モナハン
監督・脚本:ピーター・バーグ

配給:キノフィルムズ

公式サイト:www.patriotsday.jp

©2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える