• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

綾瀬はるかにドッキリも!西島秀俊、遠藤憲一、駒井蓮出演のパナソニック新キャンペーン始動

「Every Day is a Sunny Day」 綾瀬はるか、西島秀俊、遠藤憲一、駒井蓮を起用したパナソニック新キャンペーン「Every Day is a Sunny Day」が6月15日(木)よりスタートし、スペシャルムービー「Every Day is a Sunny Day コンセプト篇」などが特設ページで公開。合わせて、4人が出演するCMが6月23日(金)より放送される。

 新キャンペーン「Every Day is a Sunny Day」では“毎日にもっと太陽を”をキーメッセージに、“初めてのことに出会うオドロキ”や“いそがしさを癒やしてくれるヤスラギ”など、家電を通して心がうごく瞬間を切り取ることで、パナソニックの家電が持つ魅力を、WEBの特設ページやTVCM、電車車両ジャック、スマートフォンなど、さまざまなメディアで発信する。

 スペシャルムービー「Every Day is a Sunny Day コンセプト篇」の撮影では、屋内スタジオに大きな家のセットを2つ制作。実際に住むことができそうな本物さながらのセットで、綾瀬、西島、遠藤、駒井の4人が計8日間をかけて日常のあらゆるシーンをドキュメント風に撮影していくという新しい方法で制作。ランニングウェアを脱ぎ捨て、プライベートビエラと一緒に風呂でくつろぐ綾瀬や、DIGAから流れる音楽に合わせて踊りまくる遠藤など、“ありのまま”の姿が映し出される。

 また、4人がセットの中庭で会話を楽しむシーンは、仲睦まじい空気をそのまま切り取った、印象的なカットに仕上がっている。

 同ムービーのほか、キャンペーン撮影の裏側で綾瀬にドッキリを仕掛けた「有機EL 驚きのリアリティー篇」など、4人のあらゆる“素の姿”が映し出されたさまざまなコンテンツが6月15日(木)より特設ページにて公開。一部コンテンツは6月23日(金)から、「有機EL 驚きのリアリティー篇」は6月30日(金)からCMとしても放送される。

 「Every Day is a Sunny Day コンセプト篇」のラストで4人が中庭に集まり会話しているシーンでは、監督から「筋書きなしの自然体な会話をしてほしい」という依頼があったそう。そこで、遠藤と綾瀬が発案した“ありそうでない映画のタイトル”をテーマにしりとりをしていたという。綾瀬が「みんな自由な感じで、気負いなくできました」と語ったとおり、『私の中の亀吉』などの架空の映画タイトルが4人のツボにはまり、笑顔にあふれたシーンが実現した。

 綾瀬へのドッキリ企画「有機EL 驚きのリアリティー篇」では、4K有機ELビエラの特長を生かし、額縁を付けて絵画に見立てた“有機EL絵画”を会議室の壁に設置。有機EL絵画に映るパンダの数を増やしたり減らしたりすることで綾瀬を驚かせようと試みるが、監督の説明に集中する綾瀬はその変化になかなか気づかない。

 徐々に絵画を気にし始めた綾瀬がその変化に気がつくと、「あっ!やっぱりー!」と驚きの表情に。「だって昨日(の撮影では打ち合わせが)1つもなかったのに、ん?と思ってたんだよな~」と満面の笑みを見せた。

 特設ページでは、6月23日(金)より4人へのインタビューの模様も公開される。

「Every Day is a Sunny Day」特設ページ:http://panasonic.jp/sunnyday/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える