• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

小栗有以&久保怜音がWセンター!AKB48「世界は夢に満ちている」公演開幕

AKB48「世界は夢に満ちている」公演 光文社FLASHスペシャル青木宏行編集長(通称:あおきー)がプロデュースするAKB48「世界は夢に満ちている」初日公演が8月16日、AKB48劇場で行われた。

 overture前、スクリーンに公演メンバーのプロモーション映像が映し出され、雑誌編集長プロデュースならではのオープニングで「世界は夢に満ちている」公演がスタートした。

 平均年齢16.1歳という若いメンバーで構成されたチームあおきー。最年少はドラフト2期研究生の久保怜音と16期研究生の田口愛佳の13歳。最年長20歳の村山彩希はキャプテンを任された。

 プロデューサーあおきーは「純粋なAKB48メンバーの若手で構成しました。これからのメンバーなので彼女たちの夢が詰まった公演にしたいと思い、愛や夢という歌詞が入っているセットリストにしました」と本公演のテーマを語り、小栗有以と久保怜音のWセンターは最初に決めていたこと、それは2020年のオリンピックを見据えて、その頃このWセンターが、かつての前田敦子と大島優子のように、AKB48の顔になっていてほしいという願いを込めていることを語った。

 1曲目は久保センターで「チャンスの順番」、2曲目は小栗センターで「チャイムはLOVE SONG」と続き、そして同じく若手メンバーの中でもパフォーマンス力など成長著しい後藤萌咲センターの「RUN RUN RUN」、樋渡結依センターで「LOVE修行」と4曲続けて披露。自己紹介MCでは、Wセンターの一人・小栗が「この公演を見に来てくださった方が、“本当に世界は夢に満ちているな~”と思ってもらえるようなキラキラした公演にできるように頑張りたいと思います!」と意気込みを語った。

 ユニットコーナーでは、かわいい王道アイドル曲の合間にスパイス的に「汚れている真実」が入り、本編最後の曲では、長久玲奈のセンター+ギター演奏で「大人への道」を披露。アンコール明けは「摩天楼の距離」に続き、大人顔負けの女性らしさを表現したという「Innocence」。そしてまたさわやかなアイドル曲「星空を君に」と、ファンを飽きさせないセットリストが展開された。

 そして最後の曲「永遠より続くように」は、今の幸せをかみしめようという歌詞。「AKB48劇場にはファンの皆さんの愛とメンバーの夢が詰まっているということを表現したくて選んだ」というあおきーの意図どおり、会場内はWセンターのイメージのようにフワフワした幸せな空気に包まれた。

<キャプテン・村山彩希コメント>
今回キャプテンとして指名されたときはびっくりしたんですが、忘れかけてたものを思い出させてもらえる素敵なセットリストなので、初心の気持ちを思い出して頑張りたいと思います。はじめは(メンバー間にも)距離感があったんですが、みんなで一つになれた気がするので、ファンの方々にもやっぱりAKB48ってすごいねって思ってもらえるように、また横山由依総監督が東京ドームにまた立ちたいとおっしゃっていたので、その力になれるように、若手みんなでこれからのAKB48の未来につなげられるように頑張ります。
(囲み取材時コメント一部抜粋)

あおきー「世界は夢に満ちている」初日公演
会場:AKB48劇場
出演:谷口めぐ、樋渡結依、市川愛美、湯本亜美、後藤萌咲、達家真姫宝、福岡聖菜、村山彩希、小栗有以、長久玲奈、久保怜音、西川怜、千葉恵里、田口愛佳、武藤小麟、山内瑞葵

<セットリスト>
-Overture―
1「チャンスの順番」ALL
2「チャイムはLOVE SONG」ALL
3「RUN RUN RUN」ALL
4「LOVE修行」ALL
5「ウィンブルドンへ連れて行って」久保、田口、山内
6「制服ビキニ」福岡、谷口、達家
7「汚れている真実」市川、後藤、湯本、武藤小、西川
8「彼女」小栗(BD:鈴木く、田屋、道枝、播磨)
9「明日のためにキスを」村山、樋渡、長、千葉
10「LOVE TRIP」ALL
11「夢へのルート」ALL
12「大人への道」ALL
~アンコール~
13「摩天楼の距離」ALL
14「Innocence」ALL
15「星空を君に」ALL
16「永遠より続くように」ALL

©AKS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える