• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

錦戸亮主演『羊の木』釜山映画祭でキム・ジソク賞を受賞

映画『羊の木』 映画『羊の木』が韓国・釜山で開催された第22回釜山国際映画祭にて、本年度より新設されたキム・ジソク賞を受賞した。

 キム・ジソク賞はアジア映画の窓部門に選ばれた56作品の中から10タイトルがノミネートされ、10作品から2作品が選出された。10月21日に行われたクロージングセレモニーと授賞式に吉田大八監督が出席。吉田監督はトロフィーを受け取り「僕は今年初めてこの映画祭に来たので、残念ながらキム・ジソク氏とは会ったことも、もちろん直接お話したこともありません。しかし、彼を知る人たちからの話や、この素晴らしい映画祭の盛り上がりを通じて確かに彼を感じることができます。この賞、そしてこの映画祭に関わる全ての皆さんに感謝します」と英語でスピーチした。

 審査員であるトニー・レインズ氏は「とにかく素晴らしい映画だった」、ダーシー・パケット氏は「キャラクターが魅力的で、導入から一気に引き込まれた。人間の闇とそうでないものが、日常の中でよく描かれ、またバランスがとても良い。テーマも興味深く、それを語るストーリーテリングも良かった」とコメントした。

 映画祭HPでは、受賞理由として「今年の多くのジソク賞候補作品が、日常の中の社会的相互作用の表面、そしてその下に置かれた暴力性を扱っていますが、『羊の木』には特別な美妙感と独創性が目立ちました。この映画は、もっともらしく見えるが実際には不条理な社会的実験を自ら行っている平和に見える漁村を切り取り、効果的な演出で描いていきます。『羊の木』は俳優たちの素晴らしい演技、良く練られた脚本、そしてたちまち観客を映画に引き込む力が目を引く作品です」と公表された。

 受賞後のインタビューで「釜山国際映画祭には初めて来ましたが、最初の機会でこんな大きな賞を頂き、本当にラッキーだなと思っています」とあらためて喜びを語った吉田監督。今後の展望を聞かれると「しばらくは『羊の木』の公開に向けて、宣伝活動を頑張って行きたいと考えていますが、この2年間くらい映画2本と舞台をやって忙しかったので、しばらくちょっと充電しながら次やることをゆっくり考えたいと思っています。せっかくこんな大きな賞を頂いたので、この賞の第1回受賞者に恥じないような映画をこれからも作っていきたいと思います」と語った。

『羊の木』は2018年2月3日(土)より全国ロードショー。

『羊の木』
2018年2月3日(土)より全国ロードショー

監督:吉田大八
出演:錦戸亮、木村文乃、北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯/松田龍平
脚本:香川まさひと(『クヒオ大佐』)
原作:「羊の木」(講談社イブニングKC刊)山上たつひこ(「がきデカ」)、いがらしみきお(「ぼのぼの」)

配給:アスミック・エース

公式HP:http://hitsujinoki-movie.com/

<STORY>
ある寂れた港町“魚深(うおぶか)”にやってきた見知らぬ6人の男女。平凡な市役所・月末は彼らの受け入れを命じられた。受刑者を仮出所させ、過疎化が進む町で受け入れる国家の極秘プロジェクト。月末、町の住民、そして6人にもそれぞれの経歴は知らされなかった。しかし、月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。犯した罪に囚われながら、それぞれ居場所に馴染もうとする6人。素性の知れない彼らの過去を知ってしまった月末。そして、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文を巻き込み、町の人々と6人の心が交錯し始める。

©2018「羊の木」製作委員会©山上たつひこ いがらしみきお/講談社

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える