• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

原作から25年…SF恋愛漫画「電影少女」が初のドラマ化!主演は野村周平

©テレビ東京

©テレビ東京

 テレビ東京系で2018年1月からスタートする土曜ドラマ24が『電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~』に決定。野村周平が主演を務める。

 原作は「ウイングマン」「I”s」などを生み出した作家・桂正和の「電影少女」。初ドラマ化となる本作の舞台は2018年で、1989年から1992年まで連載された原作の25年後の世界を描く。脚本は「ディストラクション・ベイビーズ」「桐島、部活やめるってよ」を担当した喜安浩平。監督は映像作家・関和亮が担当する。

 野村が演じるのは、高校生の弄内翔(もてうちしょう)で、原作漫画の主人公・弄内洋太(もてうちようた)の甥。叔父の家で見つけた1本のビデオテープを再生してみると、画面から25年前に封印された“ビデオガール・アイ”が現れる。普通の高校生・翔とビデオガールのひとつ屋根の下の不思議な生活が始まる。

 野村は「僕が演じる弄内翔は、両親が離婚していることもあり、心に何か抱えているような、殻に閉じこもっている高校生。ですが、ビデオガール・アイと出会い一緒に過ごしていくうちに彼はだんだんと変わっていきます。原作ファンの皆さんの期待を裏切らないように精いっぱい演じたいと思います。楽しみに待っていてください」とコメントしている。

 原作者の桂は「思い出深い作品なので、ドラマになることがすごくうれしいです。さらには今回のコンセプトが面白くて期待大!! 脚本を読ませていただいたときから、どんな人が演じるんだろうと、あれこれ想像してましたがイメージピッタリでワクワクしてます!!」とドラマ化への思いを語った。

 野村以外のキャストは後日発表予定。

<あらすじ>
親が離婚し、叔父・弄内洋太の家に居候することになった、普通の高校生・翔(野村)は、同じクラスの美少女・奈々美に密かな恋心を抱いていた。しかし、彼女は翔の親友・智章に好意を抱いていた。家庭も学校もうまくいかない日々。そんな彼はある日、叔父の家の納戸で壊れた古いビデオデッキを発見する。何かにひかれるように必死でデッキをなした翔がテープを入れるといきなり映像が流れ始め、そこには“ビデオガール・アイ”と称する謎の女の子の姿が。そしてビデオからアイが飛び出してきて…。翔とビデオガール・アイの3か月の奇妙な共同生活が始まる。
土曜ドラマ24『電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~』はテレビ東京系で2018年1月スタート。

原作:桂正和「電影少女」<集英社文庫(コミック版)>
主演:野村周平
脚本:喜安浩平 監督:関和亮
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/videogirl2018/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真