• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『KOKORO』監督が國村隼&門脇麦を絶賛「キャスティングが一番簡単だった」

『KOKORO』 島根県隠岐島で大部分のロケを行ったフランス・ベルギー・カナダ3か国合作映画『KOKORO』が11月4日に公開を迎え、主演の國村隼、共演の門脇麦、ヴァンニャ・ダルカンタラ監督による初日舞台あいさつが行われた。

 自殺志願者に寄り添う元警察官・ダイスケ役の國村は、「なんて静かで優しい話なんだと脚本を読んで思ったし、監督に会って目と目があった瞬間に『この人とならば一緒に仕事ができるだろう』と感じた」と振り返り「監督のスタイルは、スタッフ・キャストと同じスタートラインに立ち、共に迷いや悩みを共有しながら一緒に旅をしている感じがあった。それはまさに映画を作る旅のようでしたね」と振り返った。

 主人公・アリスを演じたイザベル・カレについては「彼女がアリスとして心の痛みに堪えかねているときに、まるで本当に痛がっているような気がした。展開やセリフは脚本に書かれているものだけれど、そんな彼女を目の前にすると、その状況に対して自分がどうしたらいいのだろうか?という思いが湧き出てきて、自然とセリフが出てきた」といい「映画という嘘の世界の中で演じているのに…不思議な空気感がありましたね」と語った。

 好奇心旺盛な地元の女子高生・ヒロミ役の門脇もダルカンタラ監督の印象について「なんてすごく深くて静かな人なんだと感じた。英語セリフも海外の監督も初めてなので緊張するのかと思ったけれど、ダルカンタラ監督の人としての魅力に心が持っていかれた。それは撮影中も同じで、深く静かで優しく、幸せな時間を過ごすことができた」とその人柄を明かした。

「この映画を製作する中で、キャスティングが一番簡単だった」というダルカンタラ監督は、國村について「俳優としても人としても素晴らしい方だと一目で分かったし、深い感情を分かち合えるはずだと思った。ダイスケは光と影を持つ役。それを演じるにあたり、國村さんは完璧な人物でした」と。門脇についても「ヒロミというキャラクターをより印象的にし、西洋人の観客にも共感を得る役にしてくれた」と絶賛した。

 映画にちなんで“KOKOROを癒やす場所”を聞かれた國村は「渓流」と明かし「時間ができると、渓流釣りに行くのが自分の楽しみ。魚は釣れなくても、そこに身を置くだけで日常から離れた癒やしを得ることができる。日本には美しい川がたくさんあるので、皆さんにも一度は行ってもらいたい」と紹介。

 門脇は「山と海が好き。心が疲れたら山に登って下に流れる雲海を眺めたり、海では寄せては返す波をひたすら眺めたり」と。また「時間がなくて遠出できないときは、ひたすら歩く。新宿から六本木まで3時間かけて歩いたりする。すると邪念もだんだんと消えて、忘れかけていた本来考えなければいけないことが見えてくる。まるで歩きながら瞑想している感じですね」と独特なストレス発散法を明かした。

映画『KOKORO』
絶賛公開中

出演:イザベル・カレ 國村隼 安藤政信 門脇麦 長尾奈奈 葉山奨之 他
監督・脚本:ヴァンニャ・ダルカンタラ
原作:オリヴィエ・アダム「Le cuoer regulier」
配給・宣伝:ブースタープロジェクト

公式サイト:www.kokoro-movie.jp

©Need Productions/Blue Monday Productions

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える