• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

キンコン梶原雄太、西野亮廣の正論に「お前はいつもそうや!」

『エゴサーチTV』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、1月19日に『エゴサーチTV』の2時間スペシャルが放送された。

 この番組は、キングコングの西野亮廣がMCを務め、毎週迎えるゲストと一緒に、ゲストに関する“エゴサーチ”をしながらインターネットで出てきた情報や噂などについて、嘘か本当かジャッジし、訂正していくトークバラエティ。

 1月19日放送の2時間スペシャルでは、元国会議員の宮崎謙介&金子恵美夫妻、タレントの朝日奈央&NMB48の市川美織、キングコングの梶原雄太がゲストで登場した。

 最初のゲストは、戌年の年女という共通点を持つ朝日と市川。西野が「24歳のアイドルってどんな感じなの?年下は増えてくるでしょ?」と質問すると、市川は「今、NMB48で最年長になります。最年少は10歳も下の14歳とかで本当につらいんですよ、同じユニットとかやらされるので…」と、年齢差のあるメンバーに自分の言っていることが伝わらないなどの苦悩を明かした。

 市川についてエゴサーチしていくと、市川のファンが書いたと思われる、握手会レポートの記事がヒット。そこから握手会の話題になり、朝日が「私は“3番目の女”みたいなポジション。かわいいメンバーに会いに行く前って緊張するから、1回みんな私でならしていく」と、アイドリング!!!時代の握手会の様子を明かした。

 市川も「私もそうなんです!ぱるるさん(島崎遥香)って塩対応で有名じゃないですか、1回私のところに来て『ぱるるさんに何を言えば喜んでもらえると思う?』って言われるんですよ」と答え、笑いを誘った。

 引き続きエゴサーチしていくと、レモンを持った市川の写真が見つかり、「このレモン推しなんなんすか?詳しく聞きたいんですけど」と西野が話すと、市川は笑いながら「フレッシュレモンになりたいんですよ」と答え「スーパーに行ったらレモンがいっぱいあってかわいいなと思っていた。AKB48に入ってその話をしたら、変な人に思われて有名になりました」と、キャッチフレーズが生まれたきっかけを明かした。

 広島のレモン大使にもなったという市川に「今後どこかでレモンキャラは切り捨てるの?」と、西野が突っ込んだ質問をすると、1回切り捨てようとしたことを明かし「“脱レモン”して、初めて総選挙で圏外になりまして。ダメだ、レモンありきの私だったんだなと気づきました」と、レモンキャラについて語った。

 最後に西野が24歳の2人に対し、将来どうなりたいかという質問をすると、市川は「地道に自分のためになることをしていきたい。やりたいことをやっていこうと思う」、朝日は「ある仕事はすべて全力でやる。事務所で唯一NGなしなので」と語り、「リアルな夢でSHELLYさんみたいになりたい」と明かした。

 2組目のゲストには、1月5日の放送回でそれぞれ別々に出演した元国会議員の宮崎、金子夫婦が2ショットで登場。西野が、2人の出会いについて質問すると、宮崎は金子の方を見ながら「国会だよね」と即答。すかさず金子が「だから、それだけ言うと『国会は合コンとか婚活の場じゃない』とか言われちゃうから」と話し、宮崎の発言をフォロー。「チャラい雰囲気がすごかったですよ」と言う西野に、スタジオに笑いが起こった。

 同じ“派閥”ということで、接点が多いうえに、大学も一緒という共通点があることから、金子にさまざまな相談をするようになったとなれ初めを説明する宮崎に対し、西野が「共通点があるから相談しようと思ったのか、こいつイイ女やなと思って相談に行ったのかどっちですか?」と質問すると、宮崎は「それはね…後者ですよ」と、金子に対し下心があったことを認めると、西野は大爆笑。「僕は分かりますよ、男だったらそりゃそうでしょ」と納得した。

 西野が2人をエゴサーチしていくと、“宮崎議員の育休宣言、安倍首相が激励「それでこそ政治家だ」”という記事がヒット。詳しく話を聞いてみると、宮崎は「総理には(育児休業について)結構支持していただいたと思っていて、『世の中に考えてもらったり、戦ったりするのが国会議員なんだ』とおっしゃったんですよ。誰も反対しないことばかりやっていたら政治家は必要なくなる」と、議員当時の育児休暇宣言に、安倍首相の激励を受けたことを明かした。

 すると金子が、「問題提起するところまでは良かったんだけどね…せっかく総理も言ってくれたのに」と語ると、宮崎は申し訳なさそうに「総理本当にすみません…」と謝罪した。

 3組目のゲストは、西野の相方であるキングコングの梶原雄太が番組に初登場。「なんか新鮮でいいね」と話す梶原は「今日このことについて話したいというトークテーマを書いてきました」と、トークテーマを準備してきたことを明かした。

 最初のトークテーマ“吉本のマネージャーについて”では、梶原が「1年ほど前かな?俺の給料明細に「『ガリゲル』未出演のため、マイナス1万5千円って書いてあった」と、西野が出演する地上波の番組に出演しなかったことで、給料から1万5千円が差し引かれた事を告白し、「意味が分からないんすよ、未出演だったら本来0円だし、書かんでええし!」と、マネージャーに対する怒りを爆発させた。

 次のテーマ“2017年のM-1グランプリについて”では、M-1グランプリの大ファンだと話す梶原が、「M-1は、ガラッとルールを変えた方が良いと思う」と、自らが考えたという改善案を西野に披露。「時間がもったいないから2本目の点数は発表しなくていい」と話す梶原に対し、話を遮って「2本のネタを判断するんだったらそもそも1本目のネタの点数もいらなくない?」と正論をぶつける西野。すると、途中で心が折れたのか、梶原が「そうね…」と悲しそうな表情でつぶやき、スタジオは大爆笑。西野も笑いながら「じゃ、この話は終わりでいい?」と聞くと、「お前はいつもそうや!結局俺を一択で苦しめる、たまには選ばせてくれや!でも笑いが起こる、ありがとな」と話し、さらに笑いを誘った。

 番組では、キングコングの2人がM-1グランプリに出場した際に、考えすぎてしまった梶原に10円ハゲが出来てしまった話や、梶原がどうしても西野に聞きたいことなどが語られた。

AbemaTV『エゴサーチTV 2時間SP』
放送日時:1月19日 後9時~11時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/D8cQDXextXEbAf

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える