• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

比嘉愛未、“純情刑事”役に共感「なかなか素直になれず意地を張るところが…」

©テレビ朝日

©テレビ朝日

 比嘉愛未が、テレビ朝日系『日曜ワイド』枠の新企画『越後純情刑事・早乙女真子』(1月28日(日)前10・00)で、同枠初主演を務める。

 新潟県・長岡市を舞台にしたミステリーで、全編現地ロケが行われた。比嘉は、ひたむきに捜査に取り組む“純情刑事”の早乙女真子役。ショッピングモールで起きた爆破騒ぎと、銀行の現金輸送車を狙った10億円強奪という2つの事件に翻弄されながら、その裏側に潜む汚職の真相に迫っていく。

 比嘉は「『日曜ワイド』の中でも今までにない、斬新なヒロインのキャラクターにまず惹かれました。決して頭脳明晰で天才肌ではないけれど、不思議とその人柄や直感力で事件解決に突き進む、とても魅力的な主人公」と真子役に惚れ込んで熱演。真子には好きな相手に対して態度が真逆になるという一面があるが、自身も「少し似ている」と言い、「好きな人だけではなく、なかなか素直になれず意地を張るところがある」と明かした。

 新潟は、主演映画「飛べ!ダコタ」(2013年)の撮影などでも訪れており「へぎ蕎麦が大好き」と言うほどの“通”。今回の長岡ロケも「土地柄的に寒さが厳しいにもかかわらず、あたたかい雰囲気があってホッとする感覚があります」とリラックスして臨めたようで、視聴者へ向けて「長岡を舞台に新たな刑事ドラマが出来上がりました。自然に癒やされながらも、緊迫感のある内容にきっとご満足いただけると思います」とアピールしている。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える