• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ニュー東京五輪音頭、既出の“きびきび”より踊りやすい“ゆったり”バージョン発表

©Tokyo 2020

©Tokyo 2020

 2020年の東京五輪・パラリンピックを、日本の文化である“お祭り”を通じて盛り上げるべく、「TOKYO 2020と祭でつながろう」発表会が開催された。

 発表会では、東京2020公式ライセンス商品の夏の新商品である浴衣を身につけた大林素子、藤井瑞希、田口亜希、山本篤が登壇し、会場に設置されたやぐらを囲んで“東京五輪音頭-2020-「ゆうゆう踊ろう」”を披露。

 昨年発表した「きびきび踊ろう」バージョンよりゆったりとした簡素な振り付けで、初めて見た人でも踊れるようにした「ゆうゆう踊ろう」。大林は「輪に入れば誰にでも踊れる振り付け。(スペシャルゲストとして登場したEXILE ÜSAとEXILE TETSUYAに)後でこっそりコツを教えてもらおうと思います」と笑顔でPRしていた。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真