• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『給与明細』セクシー女優・水川スミレの撮影現場に潜入

『給与明細』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、『給与明細』#15が7月29日に放送された。

 7月29日は、セクシー女優の世界を調査。セクシー女優は大きく分けて、単体(5%)、企画単体(20%)、企画(75%)という3つのカテゴリーに分類され、一握りの超人気セクシー女優にあたる単体女優は、1本の出演でギャラが数百万円にもおよぶという。

 今回番組に出演したのは、カテゴリーでは企画単体にあたる人気セクシー女優・水川スミレ(23歳)。朝7時、スッピンで現れた水川は開口一番「眠いです。(開始時間は)いつも早い」と言いながら、早速、撮影現場へと向かった。

 水川が撮影するのは、寝取られ系作品で、8時からのメイクに始まり、終了予定は夜の9時。本番2回をこなすという長丁場となる。メイクが終わり、最初に現場で行うのは出演承諾書への記入。この業界では必ず行われるという大事なしきたりで、パスポートを持参して身分の確認も徹底して行われる。さらに性病などをうつさないよう、毎月の検査も必須。ルールと規律を守ることで、このセクシー業界は成り立っていた。

 朝10時、DVDのパッケージとなるスチール撮影。それが終わると、午前中から1時間以上をかけて本番シーンを撮影。昼食をとり、今度はドラマパートの撮影へ。

“撮影中に意識していること”を聞くと、水川は「リアルな話で言うと、カメラに頭を向けない。いくら楽しくてその気になっても、カメラが撮っていることをしっかり意識して、きれいに見せられるように」と答えた。

 午後7時、最後の本番シーンの撮影に入り、夜9時にようやく全ての撮影が終了。水川は「朝6時に起きて、7時に来て、夜11時に終わる日もあれば、夜中0時を回る日もあるんです。どんな世界も甘くないですよ。セクシー女優という職業にいろいろ言ってくる人もいますけど、みんな頑張ってます。それを分かってほしい」と訴えた。

 単体女優の頃と比べて、出演本数が増えたと話す水川は、カメラ向けて給与明細を公開。そこには、(今月は)10本前後の出演で、約200万円の金額が記されていた。

 さらに今回は特別に、水川の自宅にカメラが潜入。そこは、東京タワーを一望できる2LDK高級マンションの最上階。“家賃はどれぐらい?”の問いかけには「家賃は秘密でいいですか?」と明言を避けた。

 また、水川は「料理はめったにしないです。海外に行ったりとか、ほとんど家にいないので」と、休日は大好きな海外旅行や、ウエイクボードを楽しむと、プライベートについても語った。

 その他、番組では、自らセクシー女優の世界に応募し、今回初めて撮影に挑む香澄あかり(37歳)が、緊張の面持ちで撮影に挑む様子、そしてセクシー女優として初めて手にした給与が放送された。

AbemaTV『給与明細』
放送日程:毎週日曜 後11時~11時30分
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

【月給200万円!人気セクシー女優の撮影現場&実家に突撃で父激白!】
7月29日(日)放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/Bx6KkNxaF1vgSK
ストーリーテラー:テリー伊藤
セクシー女優:水川スミレ、香澄あかり

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える